風土

当グループの風土へのこだわり

組織はコミュニケーションによって活性化する

組織におけるコミュニケーションは人の体における血流のようなものです。血流が悪くなると体全体が重くなり、ある一部に血流が届かなくなるとその部位が壊死してしまうように、組織のモチベーションを保つためには組織の上下・左右・内外のコミュニケーションを充実させていくことが大切です。

リンクアンドモチベーションでは、トップから現場、部署同士、または全社員をつなぐコミュニケーションの機会を日ごと、週ごと、四半期ごとなどさまざまなタイミングで展開をしています。

インナー向け施策

「分ける」だけではなく、
「つながり」を設計する

グループ総会

グループ総会写真

3カ月に1度、当グループ全体の視界共有を目的として、全社員総会を実施しています。3カ月の集大成として、業績の振り返り、MVPの表彰のほか、旬のテーマ、今後の方針の共有などを行います。

TopComment

グループ代表の小笹による社員へのメッセージ

経営との視界共有を目的に、月に一度イントラサイト上で、グループ代表の小笹による社員へのメッセージや、現在の方向性、トピックスを配信しています。

LM TIMES

LM TIMES

グループの課題解決を目的に、月に一度イントラサイト上でグループ内で問題意識が高まっているテーマの記事をタイムリーに配信しています。

LM JOURNAL

LM JOURNAL表紙

グループ全体の視界共有を目的に、3ヵ月に一度冊子で全社テーマを深掘りした内容をお届けしています。

LM Business Satellite

LM Business Satellite

グループの社内施策に光を当てることを目的に、月に一度イントラサイト上で公開される動画社内報です。社内アワード受賞者の密着等、グループ施策を盛り上げる企画が放送されます。

エンジニアファイル

エンジニアファイル

社内のタレント創出を目的に、イントラサイト上で職種選択社員が持つ専門性の高い知識・ナレッジを配信しています。

表彰制度

「金銭報酬」だけではなく、「感情報酬」を提供する

3カ月に一度、全社総会の場で優れた社員やプロジェクトを表彰する制度です。パフォーマンス(業績)の高さはもちろんのこと、成長・変化の度合いや、周囲への影響等を総合的に判断し、ヒーロー・ヒロインとなる人物を選出しています。さらに、1年に一度、優れた法人やエントリーマネジャー(リクルーター)、新人を表彰しています。

全社員の前で、評価理由やエピソードが温かい文章で書かれた賞状が読み上げられ、受賞者には全社員の前でスピーチをする機会が与えられます。

さらに後日、経営陣との会食に招待されるなど、アワードは本人の更なる成長のきっかけになるのみならず、他社員にも大きな影響を与える場となっています。

表彰一覧

正式名称 略称 内容
ベスト・モチベーション・プロジェクト BMP 高い成果を残したプロジェクトに与えられる
モチベーション・クリエイター MC 高い成果を残したメンバーに与えられる
モチベーション・マネジャー MM 高い成果を残したマネジャーに与えられる
ルーキー・オブ・ザ・イヤー ROY 高い成果を残した新卒1~3年目の社員に与えられる
エントリーマネジャー・オブ・ザ・イヤー EOY 当社の新卒採用において、応募者に対して大きな影響力を発揮し、成果を残したエントリーマネジャーに与えられる
カンパニー・オブ・ザ・イヤー COY 1年間で高い成果を残した各法人・カンパニーに与えられる
アドミニストレーター・オブ・ザ・イヤー AOY 高い成果を残したアドミニストレーター※に与えられる。
  1. アドミニストレーターとは、当社に存在する職種のひとつであり、自部署の内外への情報の受発信・自組織のエンゲージメント強化を担う

オフィス施策

オフィスは思想を伝える「メディア」である

私たちは、自社定義を「日本をひとつの株式会社に例えたところの人事部」とし、メーカーが商品をつくる工場に投資するように、人をつくる会社である私たちは、オフィスに投資をすべきだと考えています。

世界観の統一

成長拡大する組織は、分化が進む宿命にあります。そこで重要なのは、組織の視界を共有し、意識を統合することです。当社では組織の統合をはかるために「世界観の共有」を大切にしています。これまでの成長の道のりをさまざまな冒険と挑戦に溢れた「Sailing(航海)」、全国の各拠点を「SHIP=船」という世界観で描きました。また、東京本社は、さまざまなステークホルダーの方々との交流を通してさらに成長していくという願いを込めて「PORT=港町」というコンセプトを設定しています。

コミュニケーションが活性化するオフィス設計

オフィス写真

エンプロイーエンゲージメントを高める上で、最も重要なものはコミュニケーションです。コミュニケーションが偶発しやすいよう、オフィスには様々な工夫を取り入れています。

壁のないオフィス

オフィス写真

ワンフロアで一切の壁を排除したオフィスでは、オープンな雰囲気が醸成され、コミュニケーションが活性化します。

デザインアドレス

オフィス写真

部署ごと区画が決まっており、その中で自由に座ることができます。また、役職者は座席が固定されており、コミュニケーションの複雑性を下げつつ、新たなシナジーが生まれやすい環境となっています。

オフィスレイアウト

オフィス写真

テーブルの高低差、配置の工夫でコミュニケーションの発生しやすいレイアウトとなっています。

PAGE TOP