ビジネスパーソン向け

ビジネスパーソン向け

ビジネスパーソンをはじめ就職活動に取組む学生など、自分創りやスキル獲得に役立つ書籍です。

Pickup

既刊書籍

エンゲージメントを高める場のつくり方

エンゲージメントを高める場のつくり方
著者 広江 朋紀
出版社 同文舘出版
発行年月 2020年9月
価格 1,700円+税
Amazon 詳細ページへ

累計15,000時間の研修実績を持つ著者が、従業員エンゲージメントを高める場をテーマに書いた一冊。

本書では、上場企業8社分のケーススタディ、図表102点、ワークショップですぐに使える15の鉄板ツールを用いて、キックオフ、ワークショップ、社員総会、表彰式などの「場」のつくり方をお伝えしています。

エッジソン・マネジメント

エッジソン・マネジメント
著者 樫原 洋平
出版社 PHP研究所
発行年月 2020年7月
価格 1,500円+税
Amazon 詳細ページへ

長きにわたり「日本の若手育成」に従事してきた著者が、今の日本企業に必要な「尖った若手=エッジソン」をテーマに書いた一冊。

「尖った若手=エッジソン」をどのように採用し、育成すべきなのか。エッジソンとして、日本企業を変革したいと思う学生・若手社員、エッジソンを育てたいと思う人事担当者にとって必読の書です。

今日から使えるワークショップのアイデア帳

今日から使えるワークショップのアイデア帳
著者 ワークショップ
探検部
(松場俊夫、広江朋紀、東嗣了、児浦良裕)
出版社 翔泳社
発行年月 2020年4月
価格 1,800円+税
Amazon 詳細ページへ

百戦錬磨のファシリテーター4人が“鉄板”のワークショップを伝授する一冊。

ワークショップをしたいけど、「具体的に何をやればいいのか?」「どのように、場や参加者に働きかけていけばいいのか?」と頭を悩ませている方必見です。

ちょっと会議で取り入れてみたい人から、本格的なワークショップをやりたい人まで、今すぐ試したいプログラムが必ず見つかる一冊となっています。

本気の説教 心に刺さる耳の痛い話

本気の説教 心に刺さる耳の痛い話
著者 小笹 芳央
出版社 日本経済新聞出版社
発行年月 2018年6月
価格 750円+税
Amazon 詳細ページへ

最近、部下を叱れない上司や先輩が増えている。その方が気が楽?

いや、耳の痛い話こそ、「次の一歩」につながるヒントがある!
本書では、経営コンサルタントの著者が、あえての説教として「仕事で結果を出し、評価されるための思考法」を伝授しています。

リクルート出身で、長年にわたって企業の採用活動に携わってきた著者による、「仕事の本質」に迫るトピックが満載。
各項目は4ページの読み切りスタイルなので、通勤などちょっとした時間にも読める手軽な一冊となっています。

脱・三日坊主の資格勉強法

脱・三日坊主の資格勉強法
著者 小栗 隆志、鬼頭 政人
出版社 株式会社中央経済社
発行年月 2018年1月
価格 本体1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

スキルアップのために資格を取る! と、堅く決意しても全然続かない…。
そう悩める多くの人を変えてきた著者のノウハウが満載の一冊。"三日坊主"から卒業したい方は必読!

「なぜ勉強を続けられないのか?」

リンクアカデミー社長の小栗 隆志氏 × 資格スクエア代表・弁護士の鬼頭 政人氏がタッグを組んで、"挫折しない勉強法"を伝授します!
本書を読み終わったとき、「続けられる自分」に変身しているはずです。

研修・ファシリテーションの技術

研修・ファシリテーションの技術
著者 広江 朋紀
出版社 同文舘出版
発行年月 2017年3月
価格 本体1600円+税
Amazon 詳細ページへ

本書籍では、参加者の本質的な意識・行動変革を促し、実際の成果につなげるために、現場の事例や考察、理論を元に、コミュニケーションの成果を高めるステップを独自に5つに分類し、それぞれに合った講師・ファシリテーターのあり方やスキルの高め方を紹介しています。実例ややり方がふんだんに盛り込まれておりますので、誰にとっても理解しやすく、実践しやすい内容となっています。

お金の話にきれいごとはいらない

お金の話にきれいごとはいらない
著者 小笹 芳央
出版社 三笠書房
発行年月 2014年7月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

「お金のしくみ、ホントにわかっていますか?」
たった8年で会社を東証第1部上場まで成長させた
ベンチャー経営者が明らかにする、「お金の真実」。

心に刺さる耳の痛い話

心に刺さる耳の痛い話
著者 小笹 芳央
出版社 日経BP社
発行年月 2013年10月
価格 1,400円+税
Amazon 詳細ページへ

カリスマ人事コンサルタントが教える
「仕事で結果をだし、評価されるための思考法」
・不本意な異動を成長の機会に変えるには?
・「できる! 」と思わせる期待値調整の技とは?
・本当に身につく「本の読み方」とは?
・頼れる部下になるための「相談力」とは?
耳の痛い話こそ、聞いてほしい。
そこには必ず、次の一歩につながるヒントがあるはずだから。

仕事の英語 できる人の話し方 外国人が上司になったら?編

仕事の英語 できる人の話し方 外国人が上司になったら?編
著者 山崎 将志/Stuart Rowe/Dean R. Rogers
出版社 ピアソン桐原
発行年月 2012年6月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

教科書には書いていない表現を70フレーズ紹介し大変ご好評をいただいているWhat ifの最新シリーズ、外国人が上司になったら?編です。外国人上司とのスモールトークや、上司に何かを提案したいときなどどのように英語でコミュニケーションを取ればいいのか、アドバイスも交えながら”できる”表現や、建設的な提案を積極的に提案できる”使える”フレーズを紹介しています。

仕事の英語 できる人の話し方 外国人をチームに迎えたら?編

仕事の英語 できる人の話し方 外国人をチームに迎えたら?編
著者 山崎 将志/Stuart Rowe/Dean R. Rogers
出版社 ピアソン桐原
発行年月 2012年5月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

What ifシリーズの第2弾、「最近外国人をチームに迎えた!」という方に向けた本です。例えば、ミーティング中次の議題に移るときに、「Let's talk about the next point...?」という表現を使っていませんか? ミーティングをよりスムーズに進めるためにどんな表現を使えばいいのでしょうか?本書ではフレーズの発音アドバイスもついていますので、どのように発音すればいいのか分かりやすく解説してあります。

仕事の英語 できる人の話し方 外国人の同僚ができたら?編

仕事の英語 できる人の話し方 外国人の同僚ができたら?編
著者 山崎 将志/Stuart Rowe/Dean R. Rogers
出版社 ピアソン桐原
発行年月 2012年4月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

How are you?と聞かれて「I'm fine. Thank you」と答えていませんか?仕事の英語としてその答えでは ”残念” になってしまいます。本書はこれから仕事で英語を使う必要がある方、あるいは今も仕事で英語を使っているのだけれど、もう一段レベルアップしたい方のための本です。日本語の環境では仕事が出来る人でも、英語の環境になるともしかすると自分が ”残念な人” ではないかと心配している方、まずは明日から使える表現から学んでみませんか?

セルフ・モチベーション

セルフ・モチベーション
著者 小笹 芳央
出版社 PHP研究所(PHPビジネス新書)
発行年月 2012年3月
価格 800円+税
Amazon 詳細ページへ

時流の変化が激しく、企業の栄枯盛衰も激しい現代。 世の中のニーズに応えていくためにも、個人が勝ち残っていくためにも、 一人一人が個の力を高めていく必要があります。 そのために必要な「自分創り」に向けた、具体的な方法論をお伝えしています。 「一行日記を書け」や「陰口を言え」など、「気軽に取り組める」をコンセプトに、 トレーニング仕立てでお伝えしています。

「持ってる人」が持っている共通点

「持ってる人」が持っている共通点
著者 小笹 芳央
出版社 幻冬舎
発行年月 2011年5月
価格 740円+税
Amazon 詳細ページへ

2010年新語・流行語にノミネートされた「持ってる」という言葉。 この言葉が出てきたことをきっかけに執筆された本書。不確実な勝負の世界で“何度も”奇跡を起こせる人を「持ってる人」と呼び、彼らが単なる勝者・成功者とは異なり、奇跡を“繰り返せる”のはなぜか。その行動原理を探っていきます。

「できる社員」になる!

「できる社員」になる!
著者 小笹 芳央
出版社 実業之日本社
発行年月 2010年12月
価格 1,200円+税
Amazon 詳細ページへ

"あなたの「不満」を「自信」に変える法"
一流人材と三流人材を分けるカギとは何なのか?モチベーションマネジメントのプロが明かす、 自分価値を「最大化」するための4つの"S"と30の技法を紹介しています。

自分は評価されていないと思ったら読む本

自分は評価されていないと思ったら読む本
著者 小笹 芳央
出版社 幻冬舎
発行年月 2009年12月
価格 952円+税
Amazon 詳細ページへ

"こんな時代だからこそ、働く人それぞれが確固たる哲学をもつべき"
代表取締役社長小笹 芳央による1年半ぶりの新著。世界を震撼させたリーマン・ショック以来、多くの会社が厳しい状況に追い込まれている今、働く個人は企業に依存せず、自立的にキャリアを築いていかなければならない。あらゆる働く人々それぞれが自らの哲学を確立するヒントとなるような、新たな視点や観点を提供する。

力が湧く言葉

力が湧く言葉
著者 小笹 芳央、小笹 公也(共著)
出版社 経済界
発行年月 2007年11月
価格 1,429円+税
Amazon 詳細ページへ

信念・戦略・知恵が凝縮された77の言葉。正反対の生き方を歩み、共に創業経営者となった兄弟の二人が、本業で見せる顔とは違った素顔でお互いの人生論を語った対談本。

引く手あまたの「売れる!社員」になる

引く手あまたの「売れる!社員」になる
著者 小笹 芳央
出版社 実業之日本社
発行年月 2007年7月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

"一流人材と三流人材はここが違う"
格差社会で勝ち組として生き残り、「選ばれる個人=一流人材」になるためのノウハウ本。
「自分の価値を最大化させるための30の技法」を、「スタンス」「ヒューマンスキル」「タスク・マネジメントスキル」「ストラテジー」の4領域で具体的に解説しています。

いる社員、いらない社員

いる社員、いらない社員
著者 小笹 芳央(共同執筆者 押見 史久)
出版社 ソフトバンククリエイティブ
発行年月 2007年7月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

筆者と、採用コンサルティング事業を牽引する共同執筆者が、一流の人材になるために必要な思考と行動や、すぐに実践できるスキルアップのコツを解説。

仕事がうまくいく自分の創り方

仕事がうまくいく自分の創り方
著者 小笹 芳央
出版社 PHP研究所
発行年月 2006年12月
価格 1,200円+税
Amazon 詳細ページへ

"あなたが最近「本気」になったのはいつですか?" 代表取締役社長小笹 芳央が、自らの成長の軌跡を振り返りなら、すべてのビジネスパーソンに向け「働き方」と「生き方」を説く。

就職活動の新しい教科書

就職活動の新しい教科書
著者 リンクアンドモチベーション
出版社 日本能率協会マネジメントセンター
発行年月 2005年11月
価格 1,000円+税
Amazon 詳細ページへ

"オンリーワンの人生を切り開く 10のパラダイムシフト"
リンクアンドモチベーション初の「就職活動本」!新しい自分に出会うためのノウハウを「理解しやすい図解」と「取り組みやすいワークシート」として整理。10のパラダイムをたどるうちに、既成概念が打破され、自分の目指すものが明らかになる。

モチベーション自己革命

モチベーション自己革命
著者 小笹 芳央
出版社 講談社
発行年月 2003年12月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

"やる気を創りだすセルフコントロール技術"
"セルフモチベーションコントロール法"をテーマにしたビジネスパーソン向けの一冊。
「同じ仕事でも、自分の見方を変えることによって、急に大きなチャンスに思えたり、自分を成長させる大切なきっかけに思えることがあるものです。」

「アイ・カンパニー」の時代

「アイ・カンパニー」の時代
著者 小笹 芳央
出版社 中央公論新社
発行年月 2003年4月
価格 1,400円+税
Amazon 詳細ページへ

"キャリアを創る~自分探しから自分創りへ"
本書では「アイ・カンパニー」という考え方を提唱。働く個人が自らを「自分株式会社」と置き換え、経営者の視点を持ってキャリアを積み重ねるために、アイ・カンパニー設立から繁栄までの戦略を描く。「自分探し」ではなく「自分創り」の重要性を説いた一冊。

戦略プロフェッショナル・ベーシック・スキル

戦略プロフェッショナル・ベーシック・スキル
著者 小笹 芳央
出版社 日本能率協会マネジメントセンター
発行年月 2000年9月
価格 1,500円+税
Amazon 詳細ページへ

"ポータブルスキルを知る"
業界や職種の枠を越えて通用する能力、時代を越えて発揮できる能力「ポータブルスキル」の重要性を提唱。その中身として「コミュニケーションスキル」「コンセプチュアルスキル」「プロフェッショナルスタンス」の3領域に関し、ベーシックな項目を抽出し解説する。

自己発見の瞬間

著者 小笹 芳央
出版社 日本能率協会マネジメントセンター
発行年月 1997年12月
価格 1,300円+税
Amazon 詳細ページへ

"成功の扉をひらく27章"
「何のために生きているのか」「何のために働いているのか」。この質問に答える前提として、自分自身を突き詰めて考える機会を提供した一冊。成功の法則を盛り込みながら、人生と向き合うための考え方を提示し「自己発見」へと導く。

PAGE TOP