Message

コンサル×テクノロジーで良い会社の定義を変える 代表取締役社長 坂下 英樹

時代を捉え、次代を見据え進化し続ける

商品市場での競争力を高めることが求められる中、それを生み出す人材や価値を創造するための組織創りに向け、「人材間の相互作用」を促進する施策がますます科学される時代になってきました。日本という視界に立てば、少子高齢化による新たな「労働力確保」に向けた施策や、限られた人材で成果を創出する「生産性の向上」は喫緊の課題であることは言うまでもありません。企業にとって競争優位性を築く上で一番大切なのはそこで働く社員であり、ひとりひとりのモチベーションや組織としてのエンゲージメントレベルにその本質があることが、これまでの企業に対するコンサルティング経験から浮き彫りにされていったのです。ふと業界を見渡せば、モチベーションにフォーカスした会社は一社もない。人の感情を踏まえた難しいテーマではあるものの、自分たちの技術を確立させ、磨き続けることで、より多くの企業に対して成果貢献することができる。その確信を胸に、社名のとおりモチベーションに特化した会社を興し、現在に至っています。

HRテックの先駆けとなる

やらされ感でやる仕事と、自身がやりたいと思って取り組む仕事では、どのぐらい成果に違いが表れるでしょうか。私たちリンクアンドモチベーションは、企業規模、事業内容を問わず「モチベーションエンジニアリング」という組織変革技術を駆使して、企業組織の変革や強化を図る世界初のコンサルティング会社です。この技術の背景として、人間というのは“完全合理的な経済人”ではなく、“限定合理的な感情人である”という人間観、そして、“組織は要素還元ができない協働システムである”という組織観を下敷きに技術を構築しています。ここから導かれる独自の組織の見方として、何か組織に問題があったときには「要素=特定の人」に問題の原因を求めるのではなく、問題は「人」ではなく「間」にあるという考え方をします。環境の変化が激しさを増す現代社会だからこそ、新たな事業展開を踏まえた組織変革は、その事業成功の明暗を分かつ、大きな要因であることは言うまでもありません。だからこそ、私たちはこの独自技術の進化に加えてIT技術を駆使することで、他に例のないHRテック事業の先駆けの存在でもあり続けたいと思っています。

次世代への期待

先述した国家的課題に対する方向性を示唆する上で、今後のロールモデルとなる組織創りを支援し、最適な指針を示すことが当社の使命であり、世の中の「良い会社の定義を変える」役割期待が私たちにあると考えています。そんな将来性と重要性の高い事業に貢献したい、という新たな発想とバイタリティーあふれるチャレンジャーを迎え入れたいと思っています。