社内施策 当社自身のモチベーション向上施策をご紹介します

~ひとりひとりの本気がこの世界を熱くする~

リンクアンドモチベーションでは、コーポレートキャッチ(コーポレートスローガン)として「ひとりひとりの本気がこの世界を熱くする」を掲げています。これは、「個人のモチベーションを組織の全体戦略にリンクさせる」、すなわち「One for All,All for One」の考え方を基にした言葉です。
当社では、基幹技術「モチベーションエンジニアリング」による様々な商品サービスを提供すると同時に、当社自身がモチベーションカンパニーであり続けることで、その「実効性」を磨きつづけていきたいと考えております。
そこで、グループデザイン本部に「モチベーションエンジニアリング研究所」を設置し、はたらく個人(One)向け、組織(All)向けの施策を企画、試行、導入し、モチベーションカンパニーづくりのための取り組みを継続しています。

「モチベーションエンジニアリング」とは

経営学、社会システム論、行動経済学、心理学などの学術成果を統合して生み出された当社独自の技術であり、「診断技術」「変革技術」の2つに分かれます。



※詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.lmi.ne.jp/motivation_engineering/

当社の施策事例「診断」

①組織診断「マゼランサーベイ」の実施

過去2,350社56万人の実績がある組織診断サーベイ「マゼラン」を当社では年2回(3月・9月)に実施しています。組織状態の偏差値であるMotivation Index値(MI値)と詳細の診断結果を基に、A判定を維持し続けることを目標に組織改善施策を立案・実行しています。

Magellan.jpg

【DATA】当社のMotivation Index値(MI値:組織状態の偏差値)
2017(2月)
判定 全体 男性 女性
LMI A 87.4 87.6 86.1

※ご参考:Motivation Index値(MI値)の判定基準

※組織診断「マゼランサーベイ」について、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.lmi.ne.jp/services/motivation_management.html

②個人診断「BRIDGE」の実施

過去64万人の実績がある個人診断サーベイ「BRIDGE(ブリッジ)」を当社では2年に一度実施しています。
「BRIDGE」でスキルとモチベーションタイプを診断し、キャリア開発やマネジメントツールとして活用しています。

  

当社の施策事例「変革」

①全社員の視界を共有し、エネルギーを生み出す

方針
米国の経営学者バーナードは、組織が成立・存続するには「共通の目的」「協働意思」「コミュニケーション」が必要だと述べています。当社では、そのコミュニケーションの前提として、「視界共有」を重視しています。「組織の変革」も「個人の成長」も視界一致(視界変更)によって生まれるエネルギーが、原動力となるからです。
そこで、リアル・バーチャルのさまざまなメディア・ツールを用いて、視界・世界観の共有を目指しています。


・3ヶ月に1度のグループ総会
「世の中の3ヶ月はLMグループの1年」という時間観をもち、時間に区切りを入れることで、より濃い時間の過ごし方、スピーディーな事業展開の実現を目指しています。
3ヶ月の集大成として、グループ全体の視界共有を目的として開催しているのが、「各社総会」「グループ総会」です。社員が一同に会して、MVPの表彰、業績の振返りや旬のテーマ、今後の方針の共有などを行います。

IMG_4023.jpg  総会439_38A1223.jpg


・LMビンゴ
自部署以外にも関心をもてるよう、視界共有を目的に運用しているのが「LMビンゴ」です。部門や個人の業績目標を3×3のマスに配置し、達成に応じてマス目が1本開くごとに、全社員に向けてインセンティブが支払われます。列が揃うたびにインセンティブが増えるため、自部署だけでなく、他部署の数字にも関心が高まると同時に、コミュニケーションのきっかけにもなります。応援者が増えると、未達成部門も頑張ることができるのです。


・会社内外の情報を共有する社内コミュニケーションメディア

「HISTORY BOOK」「DNA BOOK」
「LMグループの変遷」「次世代に継承したい考え方」など、創業当初から大切に守り続けてきた当社の歴史、DNA を記した冊子です(創業者小笹による執筆)。
共通言語を紡ぎあげて意味共有度合いを高めたり、共通の思考フレームをもつことを目指しています。

  


「スタイルカード」
LMグループのミッション、社員に求める考えや行動等をまとめた、携帯できるカードです。


さまざまな定期発行メディア

日刊
「LM-G新聞」
週刊
「トップコメント」
月刊
「LM TIMES」
月刊
「LM・ビジネス・サテライト(LBS)」
季刊
「LM JOURNAL」
毎日17:00に社内イントラにUPされる新聞。即時性を重視し、LMグループ業績情報などを掲載。 月曜朝、タテの関係強化を目指し、代表小笹からイントラ上で発信される。全社で共有すべきトピックス、メッセージ等を配信。
毎月発行されるイントラ上の社内報。グループで問題意識が高まっているテーマに、幹部同士の対談などで切り込む。 月2回イントラ上で配信される動画社内報。グループという単位への興味喚起を目指し、トピックや社員の「顔」を紹介。 クオーターの中月15日に発行される冊子のグループ報。深層理解・浸透を目的に、中長期の構想や、プロジェクトの背景などを共有。

②従業員一人ひとりの成長機会の創出

方針
当社では、従業員ひとりひとりが「i-Company(アイカンパニー:自分株式会社)」の経営者視点で、自分株式会社の成長戦略のプランニングと実行することを重要視しています。そのため、年1回は「i-Companyブランディングシート」で長期的なキャリアプランを描き、半年に1度は当社商品の360度評価サーベイを実施し、課題抽出とアクションプランの設定を行い、更に3ヶ月に1度は人事評価を行う仕組みを運用し、長期・短期の成長機会を創り出しています。


・3ヶ月に1度のサーベイ実施と研修
社内大学「LMカレッジ」を設置し、「i-Company(アイカンパニー:自分株式会社)」の成長を促す研修や講座を多数設置しています。特に、組織サーベイ、個人サーベイの結果を元に、課題についてアドバイススクランブル形式で話し合い、今後のアクションプランを設定する研修を3ヶ月に1回のペースで実施し、成長へのPDCAサイクルを高速回転させています。

LMカレッジの講座

対象者限定 スタートアップ
プログラム
新卒新入社員に対して、提供する講座。社会人としてのベーシックな知識やスタンスを学ぶとともに、営業・制作・納品の各業務を体感する。
新任管理職研修 マネジャーとしての役割やスキルを理解するとともに、メンバーマネジメントに必要な知識を習得。
ライセンス 公認「モチベーション・マネジャー」資格の受講・受験。
Terminal 管理職以上を対象とした、LMグループ論文コンテスト。「棚卸し機会の創出」「ナレッジ共有」「主体性の醸成」を目的としている。代表が審査し、優秀者には賞金授与、事業化へ繋がることもある。
テーマや受賞論文は管理職のみならず全社員に公表され、会社の重要なテーマについて、理解を深める機会となっている
テーマ例:
・2016年 ①Positioning ②新規事業開発 ③仕事を科学する(=生産性の向上等)
・2015年 ①新規事業を開発する ②既存事業を拡大する ③仕事を科学する
全社員対象 サーベイ
フィードバック研修
組織サーベイ、個人サーベイ(半年に1回のペースで実施)の結果を元に、課題についてアドバイススクランブル型で話し合い、今後のアクションプランを設定する研修。
スキルアップ研修 クライアントに提供しているソリューションである「エデュテインメントプログラム」研修(セルフコントロール、ロジカルシンキング等)の受講。

・年に1回個人のキャリアプランを描く
LMグループの全社員が、自分株式会社の経営企画書を提出する「i-Company ブランディング」制度を運用しています。 社員一人ひとりが自分自身の「キャリアの方向性」を描き、強み/課題を棚卸し、今後の行動に結びつけること、その意向や状況を会社と共有することを目的としています。


・社内留学制度
異動をせずに、他の部署・役割の視点を獲得するために、一定期間、別の部署に「留学」する制度です。外から観察しているだけでは見えなかった仕事内容を理解したり、お互いの仕事の関連性に気づき、相手の立場や心情を理解する等、新たな視点の獲得を目指しています。


・表彰制度
3ケ月毎に、すばらしい活躍をした社員を「ベストモチベーションクリエイター(BMC)」「モチベーションクリエイター(MC)」として、全社総会の場で表彰する制度です。パフォーマンス(業績)の高さはもちろんのこと、成長・変化の度合いや、周囲への影響等を総合的に判断し、ヒーロー・ヒロインとなる人物を選出しています。
全社員の前で、評価理由やエピソードが温かい文章で書かれた賞状、トロフィーで称えてスピーチをもらったり、後日、経営陣との会食に招待したり、社内報にインタビューを掲載するなど、本人にも他の社員にも、さらなる成長の機会となっています。

  


・評価報酬制度



■クラス制度 ~能力主義~
組織内での保有能力の高さによって、クラスを設けています。

クラス キーワード 職掌
総合職社員 選択社員
Nobel 新価 マネジャー(管理職掌)  メンバー(一般職掌) 
Newton パラダイムチェンジ
Pascal 成功のモデル化
Platon 深遠なる理想の追求
Lindbergh 新たな挑戦
Lincoln 結節点
Copernicus オリジナリティ メンバー(一般職掌)
Columbus 冒険的取り組み
Da Vinci 機会の創造
Darwin 日々進化

※選択社員:地域や職種を選択している社員


■コミットメント制度 ~四半期評価~
「世の中の3 ヶ月は、LMグループ の1 年」というスピード感を重視する考えに基づき、3 ヶ月毎に評価を行い、会社と従業員(アイカンパニー)の間での成果と成長確認を行います。
評価指標は、パフォーマンス(業績・組織への貢献度)、ストレッチ(個人の成長度合い)の2軸です。


■報酬制度 ~シンプルな構成~
属人性の高い手当や退職金、更には各種フリンジベネフィットを極力排除した、シンプルで分かりや
すい報酬構成を実現しています。

③女性活躍推進

方針
当社では、従業員のモチベーションこそが企業の競争優位性を創り出すという考えのもと、ダイバーシティの一環として、ダイバーシティ責任者(CDO:Chief Diversity Officer)の下に、人事、広報等のメンバーによる「なでしこチーム」を設け、女性活躍推進を積極的に取り組んでおります。
人事制度は、様々なライフイベントを迎えるたびに、会社と自分のワークスタイルを握り直しをしながら、キャリアプランをデザインし直していく考え方(ワークスタイルオプション)をベースにしています。その上で、年に1度の長期キャリアプランの設計(i-Companyブランディング制度)、半年に1度の360度サーベイ研修の実施、3ヶ月に1度の人事評価面談のサイクルをまわし続けています。同時に、女性限定でのキャリア研修や外部有識者の講演会や経営幹部との会食機会、女性部下を持つ管理職の研修など、女性が活躍しやすい環境づくりにも取り組んでおります。


・3ヶ月に1度のサーベイ実施と研修
社内大学「LMカレッジ」の管轄の下、組織サーベイ年2回、個人サーベイ年2回を実施し、性別ごとの属性での分析を詳細に実施しています。組織サーベイにより、会社に求める点や満足している点の性差による差異を統計的に浮き彫りにして、制度の改定に利用する他、日々のマネジメント場面でのコミュニケーションにも参考としています。
また、個人サーベイでは、都度サーベイフィードバック研修を実施して、個人ひとりひとりの課題や目標を明らかにして日々の行動に生かしています。


・年1回に個人のキャリアプランを描く
全社員が、i-Company(アイカンパニー:自分株式会社)ブランディングの経営企画書を提出する制度(i-company ブランディング制度)を運用しています。 ライフイベントにより状況が変化することの多い女性社員についても、定期的に一人ひとりが自分自身の「キャリアの方向性」を描き、強み/課題を棚卸し、今後の行動に結びつけること、その意向や状況を会社と共有することで、目標に向かって努力し続けるサポートをしています。


・ワークスタイルオプション
年齢を経れば、i-Company(アイカンパニー:自分株式会社)は、結婚、出産、育児、介護等、様々なライフスタイルの変化や、健康状態の変化が起こります。当社では、旧来の右肩上がりのパフォーマンスを求めるのではなく、その変化に応じて、会社と個人の間で関係性の見直しや期待値の握り直し=リレーションチェンジを行うことで、i-Companyがより長いスパンで会社に貢献できる状態を創り出すことを目指しています。また、ワークスタイルオプション対象社員のみが引け目を感じることのないよう、全社員を対象として長時間労働の是正に取り組んでいます。

勤務日数
オプション
LM カレンダ―通り 出社土曜日も含め、当社指定カレンダー通りで勤務する
週4日 勤務する曜日を選択できる
週3日 勤務する曜日を選択できる
勤務時間
オプション
通常勤務 1ヶ月単位のフレックスタイム制
時間限定勤務 所定時間1日8時間を標準とした1ヶ月単位のフレックスタイム制
時短勤務 所定時間1日6時間を標準とした1ヶ月単位のフレックスタイム制

※勤務場所については、上司と相談の上で自宅等での業務対応も可能。


・女性向け各種研修・セミナーやライフサポート、マネジメントサポート
当社が提供する女性活躍オールインワンプラットフォームサービス「WAO(ワオ:Women’s All in One service)」を、自社でも積極活用しています。「WAO」は女性から選ばれる会社をつくるための会員制サービスで、「キャリア形成」「スキルアップ」「ライフサポート」「マネジメントサポート」の観点から、研修・セミナー、スキル・資格講座、各種サポートサービスを提供しています。

【個人】キャリアアップ...女性社員にとってのロールモデル作りやキャリア形成につながる講演やパネルディスカッション、女性社員向け研修を開催します。キャリアデザインの方法や、女性管理職としてのあり方など、女性ならではの悩みに対応し、仕事へのモチベーションが高まっている状態を実現します。

【個人】のスキルアップ...女性社員が利用できる教育・資格取得サービスを提供します。産休・育休からの復職後、時短勤務期間中、新しい職種になったとしても活躍できるようなサポートを能力面で行い、仕事へのモチベーションが高まっている状態を実現します。

【環境】マネジメントサポート...女性社員向けサーベイを年に1度実施します。これにより取り組むべき課題の優先順位が明確になり、女性社員のモチベーションを高めるための効果的な施策が打てている状態を実現します。また、受け入れ側の女性部下を持つ管理職向けのセミナーなども行います。

【環境】ライフサポート...女性ならではの悩みや問題に対応することのできるよう、ベビーシッター、病児保育、家事代行などの福利厚生サービスを特別価格で利用可能にし、負い目や引け目を感じることなく仕事へ集中できている状態を実現します。

   

※WAO(Women’s All in One service)について、詳細はこちらをご覧ください。
https://www.wao-link.com

④ウェルネス経営の推進

方針
当社では、従業員のモチベーションこそが企業の競争優位を創り出すという考えのもと、「競争優位=モチベーション=心身の健康」と捉え、世の中のロールモデル企業となるべく実践しています。
行動指針として「健康管理」を掲げ、その推進を担うCWO(Chief Wellness Officer)の指示のもと、取り組みを推進しています。実際に従業員のワークライフバランス・健康管理を経営の視点から捉え、社員の健康増進に戦略的に取り組んでいる企業として、「健康経営銘柄2015」にも選定されました。
私たちは今後、「欠勤率・休職率・離職率等を減らす」といった対処療法的な施策ではなく、いかに早く根本的な原因を特定して状況の悪化を防ぎ、優秀な人財に投資できる仕組みを構築できるかが、企業の競争力を強化すると考えています。


・年に1度のサーベイ実施
従業員の心身の健康状態を把握するための調査、ウェルネスサーベイ「ナイチンゲール」(当社と株式会社FiNC https://finc.com/ で共同開発)を年に1度全社員に対して実施しています。心身共に健康に働く上で、「何を重要視」し、現状、「何ができているか」の2つの指標で答えます。結果は経営会議に報告。統計的に見ることで、健康経営へのPDCAサイクルを確実にまわしています。


・FiNCプラス
「FiNCプラス」は、アプリやWebを利用した​健康インセンティブプログラムや24時間受付の無料相談チャット、ウェルネスメニューの優待割引などを、従業員およびその家族のために提供する、​国内初のウェルネス経営オールインワンパッケージです。当社ではこのサービスを導入し、社員の健康増進に努めています。
・フィットネスクラブ「JOYFIT」の会員権配布と低額利用
・アプリで健康情報の定期配信
・アプリによる個人サーベイ実施
・アプリによるパーソナルタスクによる健康習慣の増強
・歩数ランキングの配信、上位者への表彰

※FiNCプラスは株式会社FiNC(https://finc.com/)の提供するサービスです。
詳細はこちらをご覧ください。
https://plus.finc.com/


・長時間労働の改善
個人のモチベーションを組織成果にリンクさせる「モチベーションカンパニー経営」を実施している当社でもワークモチベーション向上にとって、労働時間は重要な因子であると捉えております。当社で毎年実施する組織診断「マゼランサーベイ」の調査にも労働時間の実態についての項目があり、その状況は毎年モニタリングを行ってきました。
また、社員の健康、ダイバーシティの観点からも取り組むべき重要な課題と捉えております。
そこで、時間外労働に関するモニタリング、執行役員・部長へフィードバックの実施(評価への反映)、本部管理職による見回りによる退社時刻管理の徹底などを行い、深夜残業ゼロを目指しています。

ページの一番上へ

関連DATA

※当社は12月決算のため、以下特に記載のない場合、12月末の数値です。

【DATA】当社のMotivation Index値(MI値)

2017(2月)
判定 全体 男性 女性
LMI A 87.4 87.6 86.1

※参考:Motivation Index値(MI値)の判定基準


【DATA】LMグループ社員数

2016年度 2015年度 2014年度
従業員数 全体 1253 1209 1369
男性 673 644 722
女性 580 565 647

【DATA】LMグループ新規採用数

  2016年度 2015年度 2014年度
新規採用数 全体 全体 181 134 161
男性 95 65 58
女性 86 69 103
うち新卒採用数 全体 104 74 78
男性 59 34 25
女性 45 40 53

【DATA】LMグループ管理職数

  2016年度 2015年度 2014年度
全体 管理職
(カッコ内は新規登用数)
全体 133
(16)
142
(15)
146
(7)
男性 107
(11)
118
(13)
121
(7)
女性 26
(5)
24
(2)
25
(0)
部長以上管理職 全体 80 67 78
男性 64 56 68
女性 16 11 10
執行役員 全体 10 13 10
男性 10 13 10
女性 0 0 0
取締役
(社外取締役除く)
全体 24 22 21
男性 22 21 21
女性 2 1 0
社外取締役 全体 2 1 0
男性 1 1 0
女性 1 0 0
監査役 全体 3 3 3
男性 3 3 3
女性 0 0 0

※管理職:当社クラス制度にて、総合職の「Lincoln」クラス以上の者

ページの一番上へ