私たちはモチベーションエンジニアリングによって組織と個人に変革の機会を提供し意味のあふれる社会を実現する

「組織開発」「個人開発」「マッチング」で日本の組織と個人を活性化する 小笹芳央(おざさよしひさ) 代表取締役会長

当社は2000年4月に創業した世界初の「モチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社です。当社の基幹技術「モチベーションエンジニアリング」は、心理学・行動経済学・社会システム論などの学術的成果を取り入れ、再現性と実効性を強みに、創業以来多くの企業変革をサポートしてきました。

企業を支援する切り口として、戦略・ITや資金ではなく、「モチベーション」に光を当てた当社のコンサルティングサービスは、ほかに類を見ないオンリーワンの存在です。

私たちが企業に向けて発信してきたメッセージは次のとおりです。

「社員のモチベーションを成長エンジンとする経営が時代を制する」

そのような会社を「モチベーションカンパニー」と名付け、労働・商品・資本市場において、企業を取り巻くステークホルダー(社員・応募者・顧客・株主)との関係構築および強化を支援しています。現在は、中核会社の(株)リンクアンドモチベーションを中心に、「組織開発ディビジョン」として、コンサルティング・アウトソース事業、イベント・メディア事業を展開しています。

また、創業10周年を機に、「モチベーションエンジニアリング」をBtoC領域にも展開し、個人の生きがい創り、働きがい創りにも貢献してきました。

この領域で私たちが発信しているメッセージは次のとおりです。

「これからの個人は、アイカンパニー(=自分株式会社)の経営者である」

企業と個人の関係は、相互拘束から相互選択へと変化しています。また、ITの発達によって、個人が価値を創出する主役となりました。そのような時代、個人に求められているのは、自立的・主体的にキャリアを切り拓いていくことです。この領域を「個人開発ディビジョン」として、キャリア開発事業、学習塾事業の展開により、子どもからシニアまでの幅広い世代を対象に「アイカンパニー」を繁栄させるためのさまざまなノウハウやプログラムを提供しています。

さらに、「モチベーションカンパニー」と「アイカンパニー」をつなぐのが「マッチング・ディビジョン」です。現在はALT(Assistant Language Teacher=外国人指導助手)配置事業、人材紹介・派遣事業を展開しており、国内外の人材を日本の企業や学校法人と接続しています。

今後も「組織開発」「個人開発」「マッチング」を発展させることで、社会の活性化に貢献し続けていきます。

社員のモチベーションを成長エンジンとする「モチベーションカンパニー」を実現 坂下英樹(さかしたひでき) 代表取締役社長

企業とそこで働く個人の関係は、戦後の高度成長期からバブル期を通じて、「相互拘束関係」を続けてきました。

多くの企業が終身雇用や年功序列型の人事制度を設け、個人もまじめに勤めていれば定年退職まで会社が面倒を見てくれるという安心感から会社に忠誠を尽くしていました。

しかし、このような企業と個人の「相互拘束関係」は終焉を迎え、現在は「相互選択関係」になっています。企業は終身雇用や年功序列を放棄し、個人もまた、自らの市場価値を意識し、キャリア形成を考える時代が到来しているのです。

こうした時代には、優秀な個人にモチベーション高く成果を出し続けてもらうには、企業は自社の向かう方向性や、自社で働くことの意義を社員に伝え続ける必要があります。

リンクアンドモチベーションでは、企業と社員の関係に着目した「モチベーションマネジメント領域」と、組織の入口管理、すなわち企業と応募者の関係に着目した「エントリーマネジメント領域」でソリューションを提供しています。

「モチベーションマネジメント領域」では、社員の高いワークモチベーションを実現し、組織成果を最大化するためのソリューションを提供しています。

企業のビジョンや価値観に対して、社員が自分自身のビジョンや価値観と照らして何らかの共感性を見出した場合に、ワークモチベーションが生まれます。目指す企業の姿と個人のビジョンをつなぐためのコンサルティングや、体感型研修「エデュテインメントプログラム」等の実践的・効果的なソリューションを提供しています。

「エントリーマネジメント領域」では、モチベーションカンパニーを創造すべく、「新卒採用」「中途採用」などの採用シーンにおいて、採用ブランドの向上や企業と人材のベストマッチを図るための診断および変革・実行ソリューションを提供しています。

私たちは社員のモチベーションを成長エンジンとする「モチベーションカンパニー」を実現するため、確かな技術により、クライアント企業の組織の真の変革をワンストップでサポートしてまいります。

ページの一番上へ