私たちはモチベーションエンジニアリングによって組織と個人に変革の機会を提供し意味のあふれる社会を実現する 代表取締役社長 小笹 芳央

「働」「学」「遊」の領域で'生きがい創り'に貢献する

当社は2000年4月に創業した世界初の「モチベーション」にフォーカスした経営コンサルティング会社です。当社の基幹技術「モチベーションエンジニアリング」は、心理学、行動経済学、社会システム論などの学術的成果を取り入れ、再現性と実効性を強みに、創業以来多くの企業変革をサポートしてきました。

企業を支援する切り口として、資金や戦略やITではなく「モチベーション」に光を当てた当社のコンサルティングサービスは、他に例を見ないオンリーワンの存在です。

私たちが企業に向けて発信してきたメッセージは次の通りです。

「社員のモチベーションを成長エンジンとする経営が時代を制する」

そのような会社を「モチベーションカンパニー」と名付け、独自の「診断技術」と「変革技術」によって、たくさんのモチベーションカンパニー創りに貢献してきました。 

現在は、「人事・教育支援」と「採用・動員支援」を行う中核会社のリンクアンドモチベーションを中心に、「営業・販売支援」と「IR・SR支援」を行うグループ会社と合わせて、企業向けサービス=「ビジネス部門」を構成しています。

ビジネス部門では、モチベーションエンジニアリングを活用して、「企業を取り巻くステークホルダーとの関係構築や関係強化を支援する」ワンストップサービスを実現。「働」の側面から、たくさんの働きがいの創造を事業目的として活動しています。

また、モチベーションエンジニアリングの適用対象は、企業組織だけに留まりません。昨今は、PCスクールや学習塾などの「学」の領域を中心とした個人向けサービス=「コンシューマー部門」にも注力しています。

この領域で私たちが発信しているメッセージは次の通りです。

「これからの個人は、アイカンパニー(=自分株式会社)の経営者である」

企業と個人の関係は「相互拘束」から「相互選択」へと変化しています。また、ITの発達によって個人が価値を創出する主役となりました。そのような時代、個人に求められているのは自立的・主体的なアイカンパニー経営です。コンシューマー部門では、子供からシニアまでの幅広い対象に「アイカンパニー」を発展させるための様々なノウハウやプログラムを提供しています。

さらにコンシューマー部門では、モチベーションエンジニアリングの実践を目的に「遊」の領域において、スポーツチームやレストランの経営を行っています。

今後も「働」「学」「遊」の融合を目指して、世の中にたくさんの生きがいを創造することを追求し続けたいと思います。

ページの一番上へ