IR情報

現在位置
IR情報TOPよくあるご質問

よくあるご質問

会社についてのご質問

会社の設立はいつですか?

2000年3月27日です。
会社の概要については、「会社概要」(コーポレートサイト)をご覧ください。

株式が上場されたのはいつですか?

2007年12月17日に、東京証券取引所市場第二部に上場しました。
その1年後の2008年12月17日に、東京証券取引所市場第一部の指定銘柄となりました。

連結子会社にはどのような会社がありますか?

現在連結子会社は以下の7社です。
・株式会社リンクツーリスト…会場・交通・宿泊のコーディネーションを行う
・株式会社リンクインベスターリレーションズ…IR戦略コンサルティングを行う
・株式会社リンクスポーツエンターテインメント…プロバスケットボールチーム、リンク栃木BREXの運営を行う
・株式会社リンクダイニング…東京・銀座でレストラン経営を行う
・株式会社モチベーションアカデミア…学習塾の運営を行う
・株式会社レイズアイ…大学生向けの人材育成・新卒採用支援を行う
詳しくは、「グループ会社・関連事業」(コーポレートサイト)をご覧ください。

経営理念について教えてください。

当社は、「モチベーションエンジニアリングによって組織と個人に変革の機会を提供し意味のあふれる社会を実現する」を経営理念として掲げています。
独自の基幹技術である「モチベーションエンジニアリング」によって、個々人のモチベーションを組織の全体戦略にリンクさせること、さらに「組織戦略」「マーケティング戦略」「採用戦略」「IR戦略」「プレイス戦略」をリンクさせ、ワンストップで企業変革をサポートすることで、社会の活性化に貢献していきたいと考えています。

コーポレートガバナンスの向上のために、どのような取り組みを行っていますか?

当社は、「モチベーションエンジニアリングによって組織と個人に変革の機会を提供し意味のあふれる社会を実現する」という創業以来の経営理念を追求するため、公正で透明性の高い経営に取り組むことを基本的な考えとして、コーポレートガバナンスの強化に取り組んでいます。
詳しくは、「コーポレートガバナンス・方針」をご覧ください。

四半期配当制度を導入するとうかがいましたが?

剰余金の配当の回数については、機動的な株主還元ができるよう、中間配当、および期末配当の他、四半期配当を積極的に導入してまいります。2010年度につきましては、株主の方々に、安定的に配当を実施するために、各四半期ごとに500円、年間配当2,000円を予定しております。
なお、内部留保金につきましては、事業の拡大と効率化に向けた人材、設備への投資に充当し、一層の業容拡大、企業価値向上に努めてまいります。

このページの先頭へ

事業についてのご質問

事業内容について教えてください。

基幹技術である「モチベーションエンジニアリング」による、企業変革コンサルティングです。
「モチベーションエンジニアリング」は、モチベーションの観点から問題点を診断する「診断技術」と、診断結果に応じて変革施策を実行する「変革技術」の2つの技術によって構成されます。この技術を、企業と企業を取り巻くさまざまなステークホルダー(従業員、応募者、顧客、株主・投資家)との関係性構築=ステークホルダーズマネジメントに適用し、新しい企業変革コンサルティングを実践しています。

モチベーションエンジニアリングが模倣される可能性はないのでしょうか?

当社は「技術力」によって、高い参入障壁を築いています。モチベーション状態を可視化・指標化する独自技術と、その膨大なデータベースの蓄積によって、他社の追随を許さない状況を確立しています。

商品・サービスの特徴を教えてください

コンサルティングファームは属人性が高く、「足し算」での成長が限界とされる中、データベース診断やパッケージ商品を中心として積極的に標準化を推進し、高品質な商品・サービスラインアップを確立することで、「掛け算」での成長を可能としています。

クライアント数はどれくらいですか?

創業10年にして、クライアント数は約1, 600社を数えます(2010年度実績)。これは、当社の強みのひとつである、効率的・効果的な「営業力」による部分が大きいものと考えています。多様な営業チャネルを効率的・効果的に活用し、創業から短期間で優良な顧客基盤の形成を実現しました。
営業チャネルは大きく3つに分かれます。効果的な販促セミナーの定期的な開催による「プッシュ型営業」(総顧客数の約50%)、書籍発行や講演を通じたブランド構築や既存のお客さまからの紹介による「プル型営業」(総顧客数の約35%)、そして、株式会社リクルートに代表される「外部パートナーの活用」(総顧客数の約15%)です。

圧倒的な採用ブランドを確立した秘けつを教えてください。

当社は、基幹技術「モチベーションエンジニアリング」を自社にも適用し、独自の人材採用ノウハウを構築してきました。
採用活動を中長期的なブランディング活動と位置づけ、創業間もない頃から積極的に投資を行ってきた結果、採用ブランドの確立とともに、継続的・安定的に優秀な人材の獲得を実現しています。就職ブランド調査(※)においては、2007年、2008年と連続でコンサルティング業界で人気No.1を獲得しています。

  • リクルート社調べ 就職ブランド調査2007、2008
競合するのはどのような企業ですか?

当社は、世界で初めて目に見えない「モチベーション」を事業化した企業です。よって、特定の一企業と競合することはありません。各領域ごと(モチベーションマネジメント事業・エントリーマネジメント事業・インベスターリレーションズ事業・プレイスマネジメント事業の4領域)に、それぞれ組織人事支援企業や採用支援企業、またファシリティマネジメント企業やIR支援企業、マーケットリサーチ企業などと競合する場合があります。

このページの先頭へ

経営成績や財務指標についてのご質問

決算期はいつですか?

各年12月末です。

決算発表の予定を教えてください。

当社は四半期ごとに決算発表を行っています。
発表のスケジュールは、確定決算が2月中旬、中間決算が8月中旬、また第1四半期、第3四半期がそれぞれ5月と11月の中旬になります。
年間のスケジュールについては、「IRカレンダー」をご覧ください。

決算情報はどうすれば分かりますか?

毎回、決算発表当日には「決算短信」を「IRライブラリー」掲載します。また、「IRニュース」にて情報の掲載をお知らせします。

経営上の重要な指標は何ですか?

事業の収益性、生産性を重視した経営を行うべく、当企業グループにおきましては、「売上高営業利益率」を重要な経営指標として位置づけております。当企業グループの収益性を図る指標として、かねてより当該指標を強く意識した経営を行っており、具体的には、粗利率の高い商品・サービス(=データベース診断、パッケージ)を中心とした営業展開を図りつつ、内容を吟味した上での計画的・効率的な経費使用を実践しております。売上の減少が見込まれる現在の環境下でも、柔軟な環境適応により10%程度の売上高営業利益率を実現するよう努めてまいります。

このページの先頭へ

株式や株主総会についてのご質問

配当支払金の株主確定日はいつですか?

期末配当金は12月31日、中間配当金は6月30日です。また、当社は四半期配当制度を導入していますので、第1四半期配当金は3月31日、第3四半期配当金は9月30日となります。

株式の手続きについて知りたい場合は、どこに連絡すれば良いですか?

当社の株式事務に関しましては、三菱UFJ信託銀行が代行しています。
三菱UFJ信託銀行のホームページにて、住所変更、名義書換請求など、各種手続き用紙が請求できますので、ご利用ください。

1単元の株式数は何株ですか?

1株です。

このページの先頭へ