グループの基幹技術を深め、モチベーションの重要性を社会へ広める。リンクアンドモチベーショングループの「専門性」「新奇性」の源泉となるメッセージや商品の開発を行います。

モチベーションエンジニアリング研究所
挨拶 所長挨拶
活動内容

調査研究

商品開発

モチベーション・マネジャー資格の普及

所長挨拶

モチベーションという切り口から、
独自の経営技術や商品サービスを生み出し、
社会的な課題解決に貢献したい
モチベーションエンジニアリング研究所 所長
大島 崇(おおしま たかし)

私たちモチベーションエンジニアリング研究所は、社会システム論や心理学、行動経済学など各種の学術的理論と実践的な経営コンサルティングの知見を融合させたリンクアンドモチベーショングループ独自の技術=モチベーションエンジニアリングを進化させ、それに基づく経営技術や商品サービスを開発する組織です。

空理空論ではなく「実効性」に、勘・度胸・経験ではなく「再現性」に拘り、自組織の経営とクライアントの現場の問題双方に日々向き合っている「実務家」の立場を重視して活動を行っています。

人は「勘定」だけではなく「感情」によっても左右されるという限定合理的感情人としての人間観と、要素還元だけではなく、集団や組織をシステム視点で捉える関係的組織観をベースに、世の中の「当たり前」に揺らぎを起こし、社会に変化のうねりを創り出せるようなメッセージを発信していきたいと思います。

活動内容

調査研究

当社が蓄積してきた専門性やデータベースをもとに、その時々のテーマでレポートを発行します。

■モチベーションエンジニアリングレポート

・Motivation Engineering Report Vol.19
「居心地のよい安定した環境で、無理せず働きたい」新入社員。
~受け入れの鍵は、ギャップの「見える化」と、相互の
「チューニング力強化」。中長期的には、「採用と育成の垣根の解消」。~

・Motivation Engineering Report Vol.18
経営者が求める戦略的組織人事
~経営の未来を創る企業要件フレーム(5M)~

・Motivation Engineering Report Vol.17
シニア社員向け多面評価サーベイ
~健全な周囲からの期待の提示によるシニア社員の活性化~

・Motivation Engineering Report Vol.16
~安定志向を強め、安心できる環境と答えを求める新入社員。
育成の鍵は、新人に提供する「支援内容の見極め」と答えを教わるのではなく、
「答えを生み出すマインドへの意識転換」~

活動内容

商品開発

リンクアンドモチベーショングループ各社と連携しながら 新たな商品を開発します。

・LINKサーベイ(職場版)
・グローバルビジネスマインドセット研修

活動内容

モチベーションマネジャー資格の普及

東京未来大学や一般社団法人モチベーション・マネジメント協会と共同で、「モチベーションをマネジメントする力」を客観的に認定する資格制度・モチベーション・マネジャー資格を作成・普及しています。

発行資格(※)

Basic資格

Advanced資格

Professional資格

主な
取得対象者
  • ビジネスパーソン
  • 就職活動をする大学生
  • 組織管理者
  • プロジェクト管理
  • 経営幹部
  • コンサルタント
学習内容
  • 自己のモチベーション をマネジメントすることを中心に、モチ ベーション全般に関する理論と実践スキルを学びます
  • 理論中心
  • 他者のモチベーションをマネジメントすることを中心に、理論と実践スキルを学びます
  • 実践スキル中心
  • 組織に対するモチ ベーション・マネジメントを中心に、理論と 実践スキルをバランスよく学びます