事例紹介

  • 株式会社日立製作所様
    女性の活躍を推進することは
    ダイバーシティに向けた試金石になる。

    1990年代以降、仕事と育児・介護との
    両立支援制度を導入するなど、
    社会の動きに先駆けて、
    女性をはじめとする多様な人財の活躍支援に
    取り組んできた日立製作所。
    同社が、リンクアンドモチベーションとともに、
    さらなるダイバーシティの推進に取り組み始めた理由を伺いました。

  • 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ様
    「営業ケイパビリティ」を型化し、
    営業パーソンに装着

    人口減少と競合環境激化により、挙式組数が現象している日本。
    一方でカスタマーのニーズは多様化し、
    ブライダル業界の競争はますます熾烈になっています。
    その業界各社を強力にサポートするのが、株式会社リクルートマーケットパートナーズ。
    ブライダル情報サービスとして圧倒的なブランド力を誇る「ゼクシィ」を展開する同社が
    リンクアンドモチベーションのコンサルティングを受け
    「営業ケイパビリティの型化」に取り組んだ理由を伺いました。

  • ヤフー株式会社様
    4つの「ヤフーバリュー」に
    託した想いを理解し、
    失敗を恐れずに
    挑戦し続ける

    2012年4月に経営陣を刷新し、「第二の創業」がスタートしたヤフー株式会社。
    新体制発足とともに新ビジョン「課題解決エンジン」を掲げた同社が
    行動指針「ヤフーバリュー」をキーワードに、
    新しい軸での社会人基礎研修(新入社員研修)を求めた背景、
    そしてリンクアンドモチベーションが提案した研修の導入理由や実施内容を伺いました。

  • TIS株式会社様
    成果を可視化し、
    新任管理職の
    職場開発を促す。

    新人事制度の導入に合わせ
    「新任管理職向け研修」を刷新したTIS株式会社様。
    研修の成果を可視化していくために
    実践した「仕掛け」とは、どんなものだったのか
    お話を伺いました。

  • 日本航空株式会社様
    “新生JAL”を担う新入社員を、
    「真の仲間」に変えるために。

    リアルなビジネス体験で、
    新入社員の意識を変える―
    再創業期の改革に邁進し、
    世界で最も選ばれ、
    愛される航空会社を目指す日本航空株式会社様。
    新生JALを牽引する
    人財育成のための「新入社員研修」について
    人財本部 意識改革・人づくり推進部の
    ご担当者様にお話を伺いました。

  • 森永製菓株式会社様
    ロジックとPCスキル。
    双方向から、
    「伝わるプレゼン力」を鍛える。

    クライアントへのプレゼンテーションはもちろん、
    上司への報告や会議資料の作成など
    論理的な思考力と、それを形にするPCスキルは
    どんな社員にも求められている―
    森永製菓株式会社様が採用した、
    二つの能力を網羅し、参加者のレベルを問わず、
    気づきを与える研修とはどのようなものだったのか。
    人材育成のご担当者様にお話を伺いました。

  • キヤノンマーケティングジャパン株式会社様
    行動の中で、繰り返す基本。
    それが、新入社員を
    社会人に変える。

    新入社員の学生気分を払拭し、
    自ら学び、自ら成長していく社員を育てる―
    現場の仕事に接続するための
    行動から学ぶ「新入社員研修」をスタートさせた
    キヤノンマーケティングジャパン。
    研修に込めたねらいと人材育成への思いを、
    人事本部の額田泰介氏にうかがいました。

  • コスモ石油株式会社様
    「ポータブルスキル(対課題力)と
    OAスキルの融合型研修」により、より実践的な
    “ロジカルドキュメンテーションスキル・
    プレゼンテーションスキル”を獲得させる。

    様々な現場研修を行うコスモ石油株式会社では、
    入社間もない段階でも社会人として
    通用する力を獲得させたいと考えていた。
    同社が考えた力は、
    単なるOAスキルのインプットだけでなく、
    自らの意見を発信していくための能力も含めたものである。
    新入社員にとって、
    本当に必要な研修とは何か。
    採用、研修を担当する3名の方に伺いました。

  • 三菱UFJニコス株式会社様
    PCスキルから
    業務改革を

    激化する競争を勝ち抜いていくために。
    各企業で「生産性向上」が
    大きな課題となっている中で、
    業務効率を向上させるスキル研修を実践し、
    効果を上げている三菱UFJニコス。
    人材戦略推進を担当するお二人に
    「PC研修」についてお話を伺いました。

  • 日本航空株式会社様
    3万5千人のスタッフに
    JALブランドを浸透させ、
    再生へと、加速する。

    2010年の会社更生法の適用から、わずか2年。
    驚くべきスピードで業績回復を果たしている日本航空(以下JAL)。
    現在、3万5千人のJALグループのフライトを支えるスタッフに
    新生JALの価値を認識してもらい、サービス向上に生かす
    インナーブランディングが進んでいる。
    同施策の推進、実行を担当した
    顧客マーケティング本部の皆さまに話を聞いた。

  • 株式会社リアルワールド様
    人材育成の
    「共通言語」を育む。

    創業当初から新卒採用に注力し
    次々と組織を担うハイパフォーマーを育成する ――。
    独自の研修と採用戦略で
    着々と業績を伸ばしているリアルワールド。
    新入社員に求められるスタンスとは。
    そして、それを育む研修とは。
    自らが新入社員の研修に関わる
    菊池誠晃社長にお話を伺いました。

  • 日産自動車株式会社様
    リアルなビジネスの厳しさで
    新入社員のスタンスを変える。

    当たり前のコミュニケーションがとれない。
    自ら考え、行動することができない。
    学生気分から抜けられない。
    多くの人事担当者を悩ませる新入社員の課題にいかなる方法をもって対応すべきか――。
    ビジネススタンスへの切り替えを目指した日産自動車の新たな研修とはどのようなものか。
    人財開発グループのお二人にお話を伺いました。

  • 株式会社リクルートジョブズ様
    記憶に残る場づくりで
    新入社員の「原点」を創る。

    毎年、同じプログラムで行われていたリクルートジョブズの「入社前研修」。
    採用人数も、人材要件も年によって異なるなか、ルーティン化したプログラムで、新入社員に、本当に必要な研修になり得るのか――。
    プロジェクトを根本から見直してから2年。
    創り上げた「研修」がもたらした効果とは。
    採用担当者のお二人にお話をうかがいました。

  • 大塚製薬株式会社様
    経営幹部候補に経営リテラシー」と「自社らしさ」のモノサシを当て
    「変革型リーダー」に導く

    “Otsuka - people creating new products for better health worldwide”の企業理念のもと、早くから国際化に取り組み、ビジネスの舞台を確実に世界へと広げてきた大塚製薬グループ。
    今後100を超えるグループ各社を担っていける人材を創出するために、「選抜教育」という形に力を入れてきた中で実施した「大塚オリンピック」とは一体どのようなもので、参加者にどのような変化をもたらすことができたのか。
    大塚製薬株式会社 常務取締役 人事・法務担当の渡辺氏にお話しいただきました。

  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ様
    知り合い、共感を紡ぎあげることが
    明日へのシナジーへとつながる

    異なる4つのビジネスユニットを統合し、新たな価値の提供をめざすNTTデータの「ライフサポート事業本部」。
    シナジー創出に向けた課題は、お互いを知り、理念を共有すること。
    同事業本部にとって大きな転機となった「社員フォーラム」について、人事担当者の皆様に話をうかがいました。

  • 株式会社リンクアンドモチベーション
    新サービス 次世代経営層向け育成プログラム「STYLE」
    ~経営者の右腕を育てられているかが、
    企業成長の成否を決める~

    ビジネスモデルや商品・サービスがマーケットを掴み、急成長を遂げたとしても、その後の持続的な成長に失敗するベンチャー企業が世の中には数多く存在します。
    そのような企業の内部で起こっていること、それは、「眼の前の業務に忙殺され、環境の変化に対して適切な軌道修正ができなかった・・・」「競合企業が台頭してきたが、組織内での対応が遅れた・・・」「これまで勢いだけで走ってきたが、成長の鈍化により一気にモチベーションが減退した・・・」「人員の拡大に伴う業務スキルの低下を食い止められなかった・・・」 などです。
    これらの現象は多くの場合、経営者と現場マネジャーの中間に位置づけられる事業リーダーが機能していないことが原因になっています。
    しかし、事業リーダーを育成するのは、一筋縄ではいきません。なぜならば、現場のマネジャーと事業リーダーには全く異なる役割が求められるからです。
    現場のマネジャーは目の前の業務を推進することが求められますが、事業リーダーには環境や経営方針の変化に応じて、各事業のアクションプランを進化させていくことが求められます。
    また、マネジャーはメンバーへの個別コミュニケーションによって能力開発やモチベーションを高めることが求められますが、事業リーダーは仕組み(組織のルールや管理フォーマット)の構築を通じて部門全体の成長を推進しなければならないからです。
    この度、リンクアンドモチベーションではこのような課題を解決するため、事業リーダー向け育成プログラム「STYLE」を開発しました。

  • 株式会社東芝 様
    自分自身のキャリアと向き合うことで得られる、
    女性社員のさらなる成長のきっかけ

    2004年より本格的に女性活躍支援・促進施策に取り組み、制度や環境を充実させてきた株式会社東芝。
    その結果、女性役職者比率を飛躍的に伸ばすなど、一定の成果は得られたものの、一方で新たな問題も浮かび上がってきた。
    その問題を解決するために、原因をどのように捉え、女性社員にどのような機会を提供することで彼女たちに変化のきっかけを与えることができたのか。
    株式会社東芝 多様性推進部 きらめき企画担当の原、青木両氏にお話しいただきました。

  • 株式会社ディー・エヌ・エー 様
    “良識な非常識”の追求
    ~新たな事業を生み出し続ける組織を創る~

    ソーシャルゲーム「Mobage」を主軸に急成長を続け、2011年3月期の連結決算は、売上高が前期比2.3倍の1,127億円、営業利益が2.6倍の560億円になるなど、大幅な増収増益を記録し、躍進し続ける株式会社ディー・エヌ・エー。
    次々に新たな事業を世の中に生み出し、急成長を遂げる同社の組織創りについて執行役員ヒューマンリソース本部 本部長の中島氏にお話しいただきました。

  • 株式会社ネクスト 様
    ビジョンを体現する社員を育成する新入社員合宿研修

    日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」や地域情報サイト「Lococom」を運営する株式会社ネクスト。
    その事業拡大を支えたのは、世界中の人々の暮らしを変革し、一人でも多くの人々を笑顔にしたいという想いが詰まった経営理念。
    では新入社員に対しては、その経営理念をどのように教育しているのか。
    株式会社ネクスト 経営戦略本部 人事部 組織・人材開発グループ グループ長の村川氏にお話しいただきました。

  • 東京海上日動火災保険株式会社 様
    厳しい競争環境で成長し続けるための基盤となる
    新入社員の「心を鍛える」

    お客様からの信頼をあらゆる事業活動の原点におき、「安心と安全」の提供を通じて豊かで快適な社会生活と経済の発展に貢献していくことを経営理念として掲げている東京海上日動火災保険株式会社。
    お客様の期待に応え、お客様から品質で選ばれ、成長し続ける組織であるために、社会人としての覚悟を植えつけ、本気でお客様と向き合える社員にするための育成方法とはどのようなものだったのか。
    東京海上日動火災保険株式会社 人事企画部 次長 兼 企画組織・能力開発グループリーダーの小西氏、株式会社東京海上日動HRA 企画部 副参事の竹田氏のお二人に若手社員育成に込めた想いをお話しいただきました。

  • 株式会社ジェイアイエヌ 様
    新入社員のスタートダッシュを成功に導くビジネス疑似体験

    「創造(革新)・挑戦・変化・お客様の満足・共感・会社と個人の成長」という価値観・行動指針を掲げる株式会社ジェイアイエヌ。
    「私たち一人ひとりが、仕事を通じて人間力を高め、それぞれがジェイアイエヌの主役として活躍できる組織にしたい」
    「会社の成長はスタッフ一人ひとりの成長と密接にかかわっている。スタッフの成長なくして会社の成長はありえない」
    このような考えの中で、新入社員を育成するにあたり持ったこだわりとは何だったのか。
    そして、そのこだわりからどのような成果が得られたのか。
    株式会社ジェイアイエヌ 管理本部 人事グループサブマネジャーの東村氏にお話しいただきました。

  • 日本たばこ産業株式会社 様
    「診断」と「変革」の組織力強化サイクル

    「国内No.1・世界第3位のたばこ事業」、「医薬事業」、「食品事業」の3つの事業を柱として、世界120カ国以上でビジネスを展開する多角的グローバル企業・JTグループ。
    JTグループの組織力を強化するための取り組みについて、“「診断」と「変革」”という枠組みで、経営企画部部長の近藤氏にご紹介いただきました。

  • コクヨ株式会社 様
    若手の早期戦力化に不可欠な「心構え」という土台

    「入社後3年間で一人前の人財に育てる」という方針を掲げ、若手育成に力を注いでいるコクヨ株式会社。若手育成を充実させるが故に見えてきた課題とは何だったのか。その課題をどのように解決し、その後、どのような変化が見られたのか。
    コクヨ株式会社 人財開発部リーダーの河南氏にお話しいただきました。

  • 株式会社生活の木 様
    哲学(理念)・仕組み・コミュニケーションに基づく
    一貫したモチベーション経営

    リンクアンドモチベーションのモチベーション調査(Employee Motivation Survey)において、2009年従業員満足度関東第一位に選ばれた株式会社生活の木。
    昨年、テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」にも取り上げられた代表取締役CEO重永氏の経営哲学や生活の木における様々な取り組みをリンクアンドモチベーション主催の特別講演にてご紹介いただきました。
    また、講演後のパネルディスカッションではEmployee Motivation Surveyを実施して気づいた生活の木の組織における強み・弱みや、強みをより生かし、弱みを克服するためにどのようなアクションを起こされたかを具体的に語っていただきました。

  • コニカミノルタホールディングス株式会社 様
    マネジメント起点の組織風土改革

    これからの時代に求められる「新しい価値の創造」。この不変の企業理念を原点として、社会にとって有益かつ環境親和性の高い商品やサービスを提供しているコニカミノルタグループ。
    同社にはどのような課題があり、どのような研修を実施することで、その課題を解決したのか。また、その研修を通してどのような成果が得られ、現在、どのように組織風土が変化しているのか。
    コニカミノルタホールディングス株式会社 人事部人事企画グループ課長の佐竹氏にお話いただきました。

サービスのご紹介