人材育成

階層別・テーマ別教育研修など、人材開発を支援するサービスを提供します。

中堅・リーダー層能力開発

自立・協働スタンス開発プログラム
「コロンブス・ベーシック」

中堅社員に求められる自立・協働スタンスに基づき自己開発課題を策定する

サービスの概要

対象:若手・中堅社員、日数:1〜1.5日

若手・中堅社員に求められる自立・協働スタンスを体現する上で必要な機能を理解し、個人診断(若手・中堅社員)「コロンブスサーベイ」を用いて自己開発課題を設定します。

目指す姿

  • ビジネスは1人で進めるものではないことを前提に、個々の「自立的活動」によってビジネスにおける「協働」が実現されている。
  • サーベイを使用しながら、周囲からの期待と現状を客観的に理解できている。
  • アドバイススクランブルを通じて、目指す姿を言語化しその実現のために具体的な行動目標を決定できている。

サービスの特徴

若手・中堅社員に求められる自立・協働スタンスの重要性を理解するとともに個人診断(若手・中堅社員)「コロンブスサーベイ」を用いて現場での 発揮度合いを把握し、課題設定を行います。

  1. 自立・協働スタンスの重要性理解

    グループワークを通じて、仕事において独り立ちするために、自立・協働スタンスを発揮する必要があることを理解させます。

  2. サーベイを用いたアドバイススクランブル

    サーベイを用いた個人分析で自身の課題を認識するだけでなく、同じ境遇のメンバーとグループセラピー形式でアドバイスをし合うことで、課題と目指す姿を言語化していきます。

リーダーシップ開発プログラム
「コロンブス・リーダーシップ」

リーダーシップの原理原則を習得し、リーダーシップを磨く

サービスの概要

対象:中堅社員、日数:1日

リーダーシップを立場や役割を超えた行為であると捉え、その原理原則を知ることでリーダーシップを磨きます。

目指す姿

  • 一緒に働くメンバーに対して、職場のゴール(目的地)を明確に示すことが出来ている。
  • 自分自身の想いを軸に、現状打破に向けて一歩踏み出し、推進する力を備えている。
  • 日常のコミュニケーションから自分が周囲にどのような影響力を発していたのかを把握し、その強みと弱みを客観的に理解できている。

サービスの特徴

リーダーシップを「ある一定の目的に向けて人々に影響を与え、その実現に導く行為」と定義し、その原理原則を理解させ、日常に接続させます。

  1. リーダーシップのパラダイムチェンジ

    リーダーになるためには、役割リーダーシップから行動リーダーシップへのパラダイムチェンジを図る必要があります。

  2. 原理原則の理解と日常への接続

    リーダーシップを磨く上での「目的」「影響力」「実行」の3つの要素を理解させるとともに、現場での発揮イメージを深めます。

サービスのご紹介