自らの経験と
想いを込めて実現した
女性活躍支援サービス。

モチベーションエンジニアリングカンパニー
MCS事業部
マネジャー

富塚 訓子

「数値目標ありき」の
女性活躍推進に疑問

 日本の社会が抱える問題の一つ、「労働人口の減少」。その対策として、女性やシニア、外国人などによる労働力確保が叫ばれ、その一環として2016年4月に「女性活躍推進法」が施行されました。この法律によって、従業員301名以上の企業に、女性社員の採用・管理職の比率など、数値目標と取り組みを盛り込んだ行動計画の策定・公表が義務付けられたのです。これを機に、女性の活躍の場が増えるかもしれない。ただ、「2020年までに女性管理職比率を30%に」といった数値目標ありきの施策推進には、大いに疑問を感じました。数値目標の達成で、企業の課題や働く女性の悩みがはたして解決されるのか。私自身、2回の育休を経て復職したワーキングマザーであると共に、これまで多くの女性社員が仕事と家庭の狭間で悩んでいる姿を目の当たりにしてきました。本質的な女性活躍推進とは、働く女性のワークモチベーションが高まり、その会社でキャリアを積み重ねたいという想いがあって初めて実現するのであり、働きやすさを追求しすぎて働きがいが持てなくなっては本末転倒です。そのことを強く発信し、本質的な女性活躍をサポートしたい。そんな想いを形にした新サービスが、女性活躍支援プラットフォーム「WAO(Women’s All in One service)」です。

キャリアを
戦略的に描き、
構築するための
4つのサポート

 女性のワークモチベーションを高め、キャリア支援を行うにはどんなサービスが必要か。このサービスは、「個人」と「環境」といった2つの視点から支援を行っています。個人の視点からは「キャリアアップサポート」と「スキルアップサポート」。第一線で活躍する女性によるセミナーや当社独自の高品質な研修などを実施しています。そして、環境の視点からは「ライフサポート」と「マネジメントサポート」。家事代行やベビーシッター、病児保育など仕事と家庭の両立のためのサポートをすることで、働く女性の環境を整備すると共に、企業においては女性社員の上司向けのトレーニング機会を提供しています。
 今、個人としては、「アイカンパニーの意識を持ってキャリアビルディングできるか」ということが問われています。ライフステージの変化をしなやかに受け入れながらも、自分自身のキャリアをどのように構築していきたいのか。アイカンパニーの意識を持って、自身のキャリアを戦略的に描き、構築していく力が求められているのです。

共感者との絆が
やりがいにつながる

 リンクアンドモチベーションには、新規事業に対する共通した考え方があります。「ビジネスはコミュニケーション活動であり、売上は事業を通じて発信するメッセージへの市場や顧客からの共感の総量である」。私たちが「WAO」を通じて発信するメッセージ。それは、「組織として働きがいのある会社を創ることを通じて、個人として自立した女性を創る」。このメッセージに共感して参画してくださるユーザー、クライアント、パートナー企業も多く、私自身、そういう絆が仕事のやりがいや楽しさにつながっています。だからこそ、もっと多くの人にメッセージを届けたい。2016年2月に立ち上げた「WAO」のチャレンジは、まだ始まったばかりです。
 何より私としては、リンクアンドモチベーショングループで働く女性社員が今よりももっと、そして社会で誰よりも生き生きと活躍している会社にしたい。そのためにも「WAO」がリンクアンドモチベーションの女性社員のキャリア開発の土台となるように、このプロジェクトを推進していこうと思っています。

TOP