組織開発本部

Link Global Solution Inc.

株式会社リンクグローバルソリューション

未来を切り拓く
グローバルカンパニー創り

事業内容

企業のグローバル競争力向上に向けたHR領域の支援/グローバル人材、次世代グローバルリーダー、海外駐在員の育成/外国籍社員の定着・活躍支援、ダイバーシティ&インクルージョン/企業・組織間異文化の融合、企業理念のグローバル展開

MESSAGE

「Japan Nothing」。グローバルフィールドで、人口が減り市場が縮小していく日本市場や、いまだに閉鎖性の強い日本企業の体質を揶揄して使われている言葉です。かつてはバッシングされるほどの勢いがあった日本企業ですが、今ではグローバルビジネスフィールドにおいて、特に労働市場において選ばれなくなってきているのは、事実です。しかし日本企業には、商品技術、サービスレベル、高品質というブランド…、誇るに足るものがたくさんあります。

今一度、この国がグローバルフィールドで存在感を発揮するには、「違いを理由に閉じこまらず、多様な相手の視点を取り入れ、意見をぶつけ合い、協働しながら、自分たちの可能性や影響力の範囲をグローバルフィールドに広げ続けていく社会」を、さまざまなシーンで実現していくこと。それが、私たち自身が新たな仲間と共に実現していきたい世界です。

代表取締役社長

川内正直

KAWAUCHI Masanao

PROFILE

私たちのミッションは、「企業のグローバル競争力向上」に向けた人と組織の変革です。グローバル市場のキーワードは「VUCA」。Volatility(不安定)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(あいまい)な世界での競争においては、企業の優位性は「人」と、その力を最大に活かす「組織」の力でしか創り出せません。

変革技術である「モチベーションエンジニアリング」を、時に日本人や日本の組織とは全く異なる価値観や文化を持つ、異文化の相手や海外の組織に適用することが求められています。

私たちリンクグローバルソリューションは、日本企業が海外進出を本格化し始めた30年前から、異文化の相手や組織を客観的に捉える技術「MAPs」を磨いてきました。私たちは、この2つの技術・フレームワークを活かしたソリューションを武器に、グローバルフィールドで通用する人と組織の開発、変革を実現しています。

設立1989年1月

社員数19名(2021年1月現在)

※1989年、旧(株)インテック・ジャパン設立。2012年、リンクアンドモチベーショングループに参画。