組織開発本部

Link Corporate Communications Inc.

株式会社リンクコーポレイトコミュニケーションズ

オンリーワンの、IRを。
市場への迎合ではなく
オンリーワンを追求する

事業内容

コーポレートブランディング(オンリーワンメッセージの発見・発信)支援/IR領域をメインとしたコミュニケーションメディアの企画制作

MESSAGE

皆さんにとって「資本市場」は馴染みの少ない言葉かもしれません。しかし、最も日本で活性化している市場と言えます。

GPIFと呼ばれる年金管理をする行政法人は”投資”によって皆さんの資産を運用しており、その投資先には「企業」が存在し、20兆円を超える投資規模になるとも言われています。

また、気候変動による経済影響を鑑みたTCFD※1というタスクフォースへの参画企業数は日本がNo1であり、305社※2もがコミットしています。まさに世界の歩みとともに拡大している市場なのです。

私たちはこの可能性にあふれた資本市場で、企業のオンリーワンを追求し、全てのステークホルダーが企業に期待し続ける世界を創りたいと考えています。

ダイナミックな経営という視界に向き合い、本気で未来を紡いでいく主体者となる皆さんと、仕事ができることを強く願っています。

※1 金融安定理事会(FSB)によって設置された気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)のこと
※2 出典:経済産業省 Web サイト

代表取締役社長

白藤大仁

SHIRAFUJI Daiji

PROFILE

皆さんが生まれる少し前の時代、世界は資源が無限にあると思っていました。しかし、エネルギー資源は近い将来に枯渇していくことは明らかであり、少子高齢化という困難を抱える我が国においては、人材という資源の枯渇も大きな問題です。

そうした有限の資源を扱う「企業」は50~100年後の世界を見据え、「自分たちは何者であり、何を果たす存在なのか」というオンリーワンのメッセージを発信する必要があります。特にIRという、企業が資本市場に対峙する世界においては、中長期的に支援してくれるファンを創造することが至上命題ですが、企業のメッセージには市場のトレンドに無思考に則った「市場への迎合」が散見されます。これは、未来への想いが正しく伝えきれておらず、期待されるべき企業に資本が集まっていないという事実にほかなりません。

だからこそ、私たちは「モチベーションエンジニアリング」という技術をもとに、心を揺さぶるクリエイティブツールで「オンリーワンの、IR」を実現することを約束します。企業経営そのものに立ち向かうこと。それがリンクコーポレイトコミュニケーションズの使命です。
※IR(Investor Relations):投資家や株主との対話

設立2009年2月

社員数53名(2021年1月現在)