Link and Motivation Inc. 
株式会社リンクアンドモチベーション

リンクアンドモチベーションは独自技術「モチベーションエンジニアリング」によって、「自ら動く個人」と「戦略を実行する組織」をリンクさせます。

(ページ内を移動するためのリンクです)

(ここからメインメニューです)

サービス

(ここから本文です)

概要

戦略の推進や業務革新、営業戦略浸透などの課題を解決する際の課題として“現場での実行力”があげられます。つまり「考え方や仕組みはあるものの、現場が実践してくれない」という課題です。しかし、この課題への対策は打たれないまま、結局は現場任せになってしまうということが多いようです。

また時間をかけて直接現場の社員へアプローチすることができる教育研修の問題としても“現場での実行力”があげられてきました。つまり「教育を受けた社員は職場に戻ってその知識やスキルを実行することができるのか」という問題です。これらに関してもフォローなどの工夫を凝らしながらも結局は現場任せになってしまうことが多かったのが現状です。

このように、仕組みはあるけれども現場では実践されない、教育はするけれども実践されないという課題は解決されないままでした。

リンクアンドモチベーションの人材育成コンサルティングはこれらの問題を解決するために生まれました。 戦略の推進や管理職、営業に求められるナレッジの共有を図るという企業や部門独自の課題を解決するために、企業独自の課題を分析し“現場で実践するために必要な要素”を抽出、それらを研修プログラムとして制作し現場での実行を促します。

これにより、社員は研修の中で日常の仕事をイメージしながら知識やスキルをインプットし、その研修の教材を職場のマニュアルとして活用し、日々の行動に定着させます。

サービスの特徴

各種プログラム開発

調査フェーズ

現状分析〜仮説構築
市場調査やサーベイ、担当者へのヒアリングを行うことで、今企業が最も解決すべき課題を洗い出します。
仮説検証
その課題が本当に最も解決すべき課題なのか、現場同行やヒアリングの対象を現場にまで広げることで、仮説を検証します。
課題抽出
仮説検証を踏まえ、企業が抱えている課題をブラッシュアップし、最も解決すべき課題を設定します。

開発フェーズ

コンセプト設計
その課題に対し、企業のDNAを踏まえ、どう解決のアプローチを取るべきなのか、課題解決に向けたコンセプトを設計します。
プログラム開発
設計したコンセプトを社員に伝わりやすくするため、必要となるステップを区切り、伝えるべきメッセージを積み上げていきます。

納品フェーズ

研修実施
伝えるべきメッセージおよびその伝え方をレクチャーした上で、社員に『伝わる』研修を実施します。
PDCAサイクルの提供
『点』で終わる研修だけに留まらず、現場で『面』の活動へ広げるための事後施策を展開します。

関連サイト

(ここから共通情報です)