人材育成

階層別・テーマ別教育研修など、人材開発を支援するサービスを提供します。

新人・若手層ビジネススタンス強化

ビジネススタンス開発プログラム
「ダーウィン・ベーシック」

新入社員・若手層に求められるスタンス「STARの観点」を理解、体得する

サービスの概要

対象:新入社員、日数:2〜3日

新人社員に求められるスタンス「STARの観点」をグループワークを通じて理解します。
また、ビジネスの疑似体験を通じて、その基準を体得する研修です。

目指す姿

  • 学生から社会人へのマインドセットが成されている。
  • 自分に甘えがなく本気で主体的に仕事に取り組む姿勢を体得している。
  • ビジネスでの基本行動を理解し、今の自分の強みや弱みを理解している。
  • 本気で取り組む共通体験を通じて、同期のつながりが深まっている。

サービスの特徴

頭での理解に留まらず、実践形式のビジネスシミュレーションを通じて「STARの観点」の基準、自身の強み、弱みを把握させます。

  1. STARの観点理解

    グループワークを通して「STARの観点」の意味を理解させます。

  2. STARの基準理解

    実践形式(ビジネスシミュレーション)でSTARの観点の基準を理解させます。

  3. STARの目標設定

    参加者同士の相互のアドバイスや顧客役からのフィードバックを通じて自身の課題と目指す姿を明確にします。

ビジネススタンス実践プログラム
「ダーウィン・アドバンス」

新入社員・若手層に求められるスタンス「STAR」の観点を
上司への報連相シーンで実践する

サービスの概要

対象:新入社員、日数:1日

新人社員に求められるスタンス「STARの観点」を日常業務に近い上司への報連相シーンにおいて実践します。

目指す姿

  • 「STARの観点」に関して「分かる」と「できる」の違いを認識している。
  • 日常業務を実体験を持ってイメージすることができている。
  • 周囲を巻き込み仕事を進めることの難しさを痛感している。
  • ビジネスフィールドにおける基準の高さを痛感している。

サービスの特徴

すべての新入社員が直面する報連相シーンを反復練習することで、「STARの観点」の発揮イメージを持たせる。

  1. インバスケット形式の報連相の実践

    複数のタスクに優先順位を付けながら上司に報連相してフィードバックを受ける、日常業務に近い実践型プログラムです。

  2. 振り返りを通じた基準の痛感

    実践型のワーク終了後に、「STARの観点」で振り返りを行うことで、求められる基準に対する自身の甘さを痛感させます。

ビジネスマナー習得プログラム
「ダーウィン・マナー」

ビジネスにおけるマナーとその背景を理解し、実践する上での意識付けを行う

サービスの概要

対象:新入社員、日数:1日

ビジネスにおける基本マナーとその背景にある考え方を理解し、マナーを実践する上で必要となる「覚悟」の重要性を学ぶ研修です。

目指す姿

  • ビジネス社会で必要となる基本マナーを体得している。
  • 単なる知識としてではなく、マナーの意義や背景までを理解している。
  • 「社会人になる」ということが、学生時代の延長ではなく、「覚悟」を必須とするものという意識が備わっている。

サービスの特徴

基本マナーの所作に留まらず、その背景やマナーを実践する上で持つべき意識の醸成を行います。

  1. 基本マナーの「型」と「背景」の理解

    「非言語による発し方(身だしなみ・立ち居振る舞い)」「言語による発し方(敬語)」「言語による受け方(電話応対)」「非言語・言語による交わり方(名刺交換・謝罪など)」のカテゴリに対して「型」だけでなく「背景」を理解させます。

  2. 基本マナーを実践する上での「覚悟」の重要性伝達

    実践ワークを通じてマナーを実践する上で持つべき「3つの覚悟」の重要性を理解させます。

ビジネススタンスフィードバックプログラム
「ダーウィン・フィードバック」

新入社員としての行動を振り返り、自己開発課題を策定する

サービスの概要

対象:新入社員、日数:1〜1.5日

個人診断(新入社員)「ダーウィンサーベイ」を用いて新人としての日常行動を振り返り、
自己開発課題を再設定しアクションプランを策定します。

目指す姿

  • 自分に「STARの観点」で「なにが求められていて」「なにが足りないのか」「これからどうすればいいのか」をはっきりと言葉にすることができるようになる。
  • 自分自身の現状を知り、ビジネスパーソンとして「今後の目指す姿」と、その「アクションプラン」を明確にすることができる。

サービスの特徴

新入社員に求められるスタンス「STARの観点」を実践ワークと個人診断(新入社員)「ダーウィンサーベイ」を用いて現場での発揮度合いを把握し、課題設定を行います。

  1. 実践ワークでの振り返り

    実践ワークを通じて、現場での業務において「STARの観点」が定着しているかどうか、振り返りを行います。

  2. サーベイを用いたアドバイススクランブル

    サーべイを用いた個人分析で自身の課題を認識するだけでなく、同期の仲間とのグループセラピー形式でアドバイスをし合うことてで、課題と目指す姿を言語化していきます。

サービスのご紹介