NEWS & TOPICS

2014年1月 6日

トータルキャリアスクール 「株式会社リンクアカデミー」事業開始

(株)アビバと 大栄教育システム(株)の経営統合により

経営コンサルティングの株式会社リンクアンドモチベーション(以下LM)は、2013年12月31日付で当社が100%出資をしているグループ会社のうち、コンシューマー部門(スクール領域)の下記2社を経営統合し、新会社としてスタートいたしました。

LAI.jpg■統合するグループ会社
株式会社アビバ
・・・PC及び資格講座のスクール
大栄教育システム株式会社
・・・資格講座のスクール
 
■新会社
  株式会社リンクアカデミー
(以下 リンクアカデミー)
 
 
11月8日付けプレスリリースでもお知らせしましたとおり、新会社では、サービスブランドとして「アビバ」「大栄」というブランドは従来どおり残しました。
(株)アビバと、大栄教育システム(株)がこれまで長年にわたり培ってきた「アビバ」「大栄」というブランドは、社会全般で広く認知を獲得しています。一方、モチベーションエンジニアリング(当社のコンサルティング技術)を基幹とするLMのグループ会社であることから、新社名「リンクアカデミー」については、LMのロゴを利用していきます。

リンクアカデミーの実現したいこと

多様化する個人のキャリアニーズの中で、ワンストップでキャリアに応える場の存在が世の中には必要不可欠であること、成熟化しているキャリアスクール市場の中で、全国に展開している両社の強みを併せることがスピーディーな事業価値の向上につながることなどから今回の統合の決断に至りました。
 
ビジネス社会において人材の流動化が進んでいる現代においては、同じ業界、同じ職種、同じスキルで一生涯活躍できる保証はありません。その意味では、これからの時代はi-Company(=自分株式会社)が求められています。i-Companyとは、自分自身をひとつの会社としてとらえ、その経営者として自らを磨き上げていくキャリア観です。
リンクアカデミーでは、受講生の皆さまに寄り添い、i-Company創りのサポートを行ってまいります。
 
新会社のキャッチコピーは「あなたのキャリアに、本気のパートナーを」
この言葉の背景には2つの意味をこめております。
 
1つ目は、資格スキルニーズには資格スクール、語学スキルニーズには語学スクール等、供給者目線でそれぞれ展開している現在のスクール業界においては、自分にとって最適な扉は何かを判断するところをサポートする機能が欠如しています。私たちは、受講生様のキャリア診断等を通じて、真摯に受講生様のキャリアニーズを把握し、受講生様の将来において最適なキャリアをナビゲートしていくこと。さらには就業機会の提供までサポートすることをこの言葉に込めています。
 
2つ目は、現在の教育業界においては、教材を渡すのみで後は自学に任せる類のサービスが多く存在します。しかし、残念ながら途中で挫折してしまう人も少なくないことも事実です。私たちは、受講生様の確実なキャリアアップへと繋げるために自律的な学習姿勢もサポートします。リンクアンドモチベーショングループが保有するモチベーションに関する技術をサービスに込め、社員と受講生の対話を通じた本気のエネルギーを醸成させてまいります。
 
多くの人が新たな扉の鍵を手にして、明るい未来に向けた一歩を踏み出していくことを心から応援する。株式会社リンクアカデミーは、そんな存在でありたいと願っています。

新会社の概要
(1)   商号 : 株式会社リンクアカデミー
(2)   役員体制 :   取締役会長        小笹 芳央 
           代表取締役社長    田中 良一 (旧 (株)アビバ代表取締役社長)
           取締役副社長   松村 健二 (旧 大栄教育システム(株)代表取締役社長)
           取締役                 大野 俊一
           監査役                 本田 寛
(3) 本店所在地 : 東京都中央区銀座3-7-3銀座オーミビル
(4) 統合日 : 平成25年12月31日
(5) 主な事業内容 : 資格取得支援やPCスキル獲得に向けた総合キャリアスクール
(6) 直営拠点数 :142拠点
(7) 資本金 : 100,000,000円
(8) 発行済株式総数 : 2,586株
(9) 主要株主:株式会社リンクアンドモチベーション(100%)
 
お問い合わせ先
■報道関係者のお問い合わせ先
株式会社リンクアンドモチベーション コーポレートデザイン本部 広報担当 白鳥 美智子
TEL:03-3538-9517  FAX:03-3538-8672  Email:pr@lmi.ne.jp

PDF形式のニュースリリースを読む(PDF:278.1 KB)