NEWS & TOPICS

2009年4月30日

「2009年 新入社員ワークモチベーション調査」中間報告

依存心を抱えた新入社員に「強さ」を

新入社員2,543人に調査

 経営コンサルティングの株式会社リンクアンドモチベーション(東証一部、以下LM)は、今春の新卒新入社員にワークモチベーションについてのアンケート調査を行いました。この調査は企業と新入社員の関係のあり方の変化や新入社員の仕事に対する価値観の源泉を把握するという目的の下、LMの新入社員研修受講者に対し調査したものです。当調査の中間結果を以下にご報告いたします。

※詳細数値は付帯資料のPDFファイルでご覧下さい。

--------------------------------------------------------------------

1.【入社動機】2008年に引き続き、「安定志向」が高まっている。
 「事業の社会的影響力」、「会社の財務状態や顧客基盤の充実」、「自社の知名度や話題性」の項目の重要度が上昇しました。2008年の同調査で顕著に見られた「安定志向」が、より2009年の新入社員において高まっていることが読み取れます。また、「研修制度や提案制度の充実」、「専門能力が身につく」の項目は下落し、個人の能力を高めたいという意識が下がっていることが推測されます。
 
2.【上司・先輩への期待】自分自身への興味・関心を求める傾向が更に強まっている。
 「持ち味や特徴を抑えてくれる」、「自分自身の業務上の課題を把握してくれる」の項目の重要度が上昇しました。自分自身のことや、自分の状態を踏まえて指導して欲しいという、面倒見のよいマネジメントを求める意識がうかがえます。また、全ての項目において重要度が高くなり、上司や先輩への期待が高まっているといえます。

3.【職場への期待】活発な議論やスムーズな連携ができる職場の一体感を求める。
 「活発な議論」、「スムーズな連携」、「切磋琢磨する雰囲気」、「情報共有する雰囲気」といった項目が上位を占めることから、メンバー間の相互理解に基づいた職場の一体感を強く求める傾向にあると言えます。また、全ての項目において重要度が高くなり、職場に対する期待値は引き続き高い状態を維持しています。

--------------------------------------------------------------------

■まとめ
◆今年の新入社員の特徴
結果から、今年度の新入社員は2008年に引き続き、安定した会社において、「面倒見のよい」マネジメントを求める傾向が強いとLMは考えます。
 昨年に引き続き、「ゆとり教育」や「採用売り手市場」などが背景として考えられ、恵まれた環境を享受してきた新入社員の彼・彼女らは、自らの力で環境を切り開いてきた経験が少ないのではないでしょうか。

◆受け入れる企業で求められること
 ~自ら環境を切り開く「強さ」を身につけさせる~
 昨年に引き続き、会社や上司に対して多くのことを期待している新入社員が増えています。
 採用・内定段階時点と比較して、社会環境・経済環境が激変しているにも関らず、組織や上司・先輩に強い依存心を抱いたままの状態で社会人をスタートすると、「指示が無いので何をすればよいのかわからない」「自分のことをわかってくれない」などといった状況を生み、戦力化の遅れ、コミットメントの低下を招く恐れがあります。また、依存心を抱えたままの新入社員の存在は、マネジメント・育成負荷の増大に繋がり、組織としてのパフォーマンスを長期に渡って損ねる可能性が高くなります。
 厳しい経済環境下で新入社員の早期戦力化を図るためにも、新入社員を受け入れる側である人事部や現場の上司や先輩には、早い段階で彼・彼女らの「甘え」「依存心」を断ち切り、ビジネス社会の厳しさ・現実を的確に伝える役割が求められています。

--------------------------------------------------------------------

■結果詳細
 リンクアンドモチベーションが分類する17項目のワークモチベーション(働く誘因)のファクターに基づき、3項目の質問を行いました。調査は無記名式で、設問項目に対して「非常に強く重要視した(5点)」から「まったく重要視しなかった(1点)」まで5段階にて回答し、項目ごとの平均点を比較しました。


1.あなたが就職活動をした時に会社を選ぶ基準として重要視したものは何ですか?

1位  事業の優位性・成長性・将来性
2位  事業の社会的影響力や社会的意義
3位  会社理念への共感
4位  魅力的な上司や先輩の存在
5位  評価や給与水準・休日休暇制度の充実
6位  会社の財務状態や顧客基盤の安定
7位  研修制度や提案制度の充実
8位  企業理念やビジョンの社員への浸透
9位  自社の商品サービスが市場に浸透
10位  専門能力が身につく
11位  革新・創造的な社風
12位  仕事を任される裁量権の範囲が広いこと
13位  勤務地のロケーション
14位  経営トップや経営陣が魅力的であること
15位  自社の知名度や話題性
16位  上下関係が薄くフラットな社風
17位  研究施設や開発環境の充実度

注)同じ値で順位が違うものは、小数点第2位以下で比較した
注)09-08の差は小数第2位以下で四捨五入した

2.あなたの上司や先輩が、どんなことをしてくれるとモチベーションが上がると思いますか?

1位 自分の持ち味や特徴をおさえてくれること
2位 仕事の成果を褒めてくれること
3位 意見や改善点を聞き入れてくれること
4位 基準が明確で納得感ある評価をしてくれること
5位 自分の役割や責任を明確にしてくれること
6位 自分自身の業務上の課題をおさえてくれること
7位 キャリアやステップアップの方向性を提示してくれること
8位 会社の方針や自社が置かれている環境などの情報を提供してくれること

3.あなたの職場が、どんな職場だとモチベーションが上がると思いますか?

1位 自分の意見や考えを活発に発言し、それを聞き入れる姿勢
2位 メンバー同士の連携がスムーズであること
3位 全員が全力を投じて、切磋琢磨する雰囲気
4位 成功事例やノウハウを共有する雰囲気
5位 効率的で手際よく、仕事が進められること
6位 顧客(或いは関連部署)のニーズを商品・サービスに活かすこと
7位 目標や役割が明確化されていること
8位 顧客(或いは関連部署)への迅速な対応


■報道関係者様のお問合せ先
株式会社リンクアンドモチベーション コーポレートデザイン本部 広報ユニット 
TEL:03-3538-9517 FAX:03-3538-8672 E-mail:pr@lmi.ne.jp

PDF形式のニュースリリースを読む(PDF:843.2 KB)