NEWS & TOPICS

2008年1月10日

『モチベーションエンジニアリング経営』 が出版されました

このたび、新刊『モチベーションエンジニアリング経営 人材流動化時代の新たな経営手法』を東洋経済新報社より出版致しました。

→ご購入はこちら(Amazon)

<本書の特徴>
1.リンクアンドモチベーションのコンサルティング技術を公開!
企業変革や組織活性化を支援するLMのコンサルティング技術「モチベーションエンジニアリング」。
創業以来、増収増益を続け、幅広い企業から実効性が支持されているその技術の全容を、代表の小笹と副社長の勝呂が書き明かします。「人の時代」である今、これからの日本が進むべき方向を示唆する内容です。

2.ステップ別に詳しく解説!理論も実践時のポイントもわかる!
「現状を診断し、トップの方針を確認し、プロジェクトチームを立ち上げ、変革プランニングを行う・・・」と、コンサルティングの各ステップにおいて、理論背景から実践時の注意事項まで丁寧に解説、考えるべきポイントが詳しくわかる構成です。企業の中核を担う方など、モチベーションが高く強い企業創りを考える方へオススメしたい一冊です。


<概要>
■タイトル 『モチベーションエンジニアリング経営 人材流動化時代の新たな経営手法』
■著者 小笹芳央(おざさ・よしひさ)、勝呂 彰(すぐろ・あきら)
■出版社 東洋経済新報社
■定価 1680円 (本体価格1600円)
■発刊日 2008年1月10日
■ISBN 978‐4‐492‐53241‐6
■構成   序 章  「経済合理性」以外の関係構築が必要とされている
第1章 モチベーションカンパニーとは何か
第2章 モチベーションエンジニアリング(ステップ1) 診断
第3章 モチベーションエンジニアリング(ステップ2) 「緊急課題」の解決
第4章 モチベーションエンジニアリング(ステップ3) 「将来課題」の解決
第5章 モチベーションエンジニアリングの実践 ケーススタディ
第6章 モチベーションエンジニアリングの可能性
おわりに 日本発の新しい経営スタイル ―― モチベーションカンパニーを目指して


→ご購入はこちら(Amazon)