経営理念

ミッション

私たちは
モチベーションエンジニアリングによって
組織と個人に変革の機会を提供し
意味のあふれる社会を実現する

私たちは、当社の基幹技術であるモチベーションエンジニアリングを日々進化させることによって、「顧客の願望の実現」や「問題の解決」に向けて、「変革」を支援すること、そしてその「機会」を提供することを使命として定めています。
またそれを実践することで、組織や個人が「夢」や「生きがい」によって、たくさんの意味をこの社会から汲み取っている状態こそが、私たちの実現したい社会です。

経営3カ条

第1条:「一点の曇りもない経営」

「一点の曇りもない経営」とは、 お客様、お取引先、社員、株主様など当社を取り巻くすべてのステークホルダーに対して、法令違反や不誠実が一切存在しない経営のことを指しています。 「社員のモチベーションこそが企業の成長エンジンである」と標榜する当社においては、常にステークホルダーから共感と信頼を得る経営を目指しています。

第2条:「ひとりひとりが主役の経営」

当社では、「企業にとって人材が最大・最強の資源である」 という考え方をしています。 経済のソフト化に拍車がかかる中で、人材資源に備わるアイデア、モチベーション、ホスピタリティなどのソフト力が企業の命運を握る時代が到来しています。 当社でも人材の多様化が進む中、女性活躍推進をはじめとしたダイバーシティへの対応や、ウェルネス経営を重要課題と位置づけ、社員ひとりひとりが主役となれる経営を推進してまいります。

第3条:「運動神経の良い経営」

企業を取り巻く環境変化のスピードが速まっているため、一度は成功したビジネスモデルやヒット商品も、すぐに陳腐化したり模倣される時代になりました。 企業が生き残るためには、環境適応力が重要です。 マーケットや法令の変化を感知して、素早い経営判断のもと、 社会に発信するメッセージ、商品、業務プロセスなど、さまざまな変化を自ら創り出す、「運動神経の良い経営」を実践してまいります。

コーポレート
キャッチ

ひとりひとりの本気が
この世界を熱くする

コーポレートキャッチには、私たちの思想・哲学を込めています。
当社では、組織は「One for All,All for One」の実現を目指すことが重要だと考えています。
「ひとりひとり」、「世界」という言葉を対置させることで、その思想を表現しました。
また、私たちの社名にある「モチベーション」を、「人の気持ちに火を付ける」という意味を込めて「本気」という言葉で表しました。
そして、「ひとりひとりの本気が集まった時に社会・世界が活性化している状態」を「熱くする」という言葉で表現しています。

代表取締役会長 小笹芳央

代表取締役会長 小笹芳央